無常の流れ 新館

    アニメ感想記事では境界線上のホライゾンを中心に、その他はアニメ・漫画・ラノベ・ゲーム関連のネタ等を気が向いた時にやっていければ良いかなと思います。
     
     
    プロフィール

    落武者A

    Author:落武者A
    神のみぞ知るセカイⅡ最終話より、数々のパロネタの中から選んでみました。正確には「時をかけられる少女」だそうで。ゲームに限らずアニメでも、好きなヒロインには時間も金もかけられるという事という事ですねw ただ私はキャラグッズに手を出す事はほとんど無いのですが…

    フリーエリア
    mail (◇を半角@に直して下さい) mjoungr2.ochimusha◇gmail.com

    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    相互リンクについて

    アニプレッション

    同人誌『アニプレッションVOL.4』
    anipression-vol1

    Twitter : ochimusha_A
    最新コメント
    最新トラックバック

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    第86回箱根駅伝 

    箱根駅伝の記事は往路・復路を分けて書くつもりでしたが、結局昨日までに書いてなかったのでまとめて書きますm(_ _)m

    優勝はやはり5区山登り柏原選手を擁する東洋大。4区までの4分半差を5区だけでひっくり返し、逆に3分半の差をつけるという、別次元の走りを見せてくれましたねぇ(´д`;)
    柏原選手は凄いと思いますし、実際に走っている最中にはトップに立ってくれる事を期待していたのですが、ここまで圧倒的で、ほぼ5区の山に強い選手がいるかどうかで決まってしまうような状況はちょっと良くないんじゃないかなという気がします。
    他の区間で逆転の余地が残されているようにならないと、復路の優勝争いが面白みに欠けてしまいますね…
    確かに東洋大は7区で区間賞、8区が1秒差の2位と他の選手も力がありましたが、これってやはり追いかける立場よりも1位にいる方が気持ち的にも力を出し易いんじゃないでしょうかね?
    おかげで2位とは最大で5分以上の差がつき、最終的にも3分40秒以上ありましたし。
    柏原選手はまだ2年なので来年も各大学は対策を立てるでしょうけど、どこまで通用するでしょうか…?

    駒沢大は総合2位で復路優勝と、何だかんだで底力はありますね。来年は東洋を脅かす存在になる事を期待したいです。
    優勝候補のはずだった日大がまさかのシード落ち昨年2位の早稲田が結局7位で復路はほぼ空気、4区まで1位だった明治が失速して10位と、期待されていた大学は皆振るいませんでした(^_^;)
    一方で東農大・城西大・青山学院が大健闘してシード獲得。特に城西大は昨年の途中棄権の選手が今年は区間2位の激走を見せてくれたのが素晴らしかったですね。

    さて、箱根駅伝が終わったら実質お正月も終わり。今日からもう仕事ですよ…orz
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント















     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
     
    http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/tb.php/95-5505a688
    検索フォーム
    FC2カウンター
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    アニメ・コミック
    1720位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    アニメ
    771位
    アクセスランキングを見る>>
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。