無常の流れ 新館

    アニメ感想記事では境界線上のホライゾンを中心に、その他はアニメ・漫画・ラノベ・ゲーム関連のネタ等を気が向いた時にやっていければ良いかなと思います。
     
     
    プロフィール

    落武者A

    Author:落武者A
    神のみぞ知るセカイⅡ最終話より、数々のパロネタの中から選んでみました。正確には「時をかけられる少女」だそうで。ゲームに限らずアニメでも、好きなヒロインには時間も金もかけられるという事という事ですねw ただ私はキャラグッズに手を出す事はほとんど無いのですが…

    フリーエリア
    mail (◇を半角@に直して下さい) mjoungr2.ochimusha◇gmail.com

    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    相互リンクについて

    アニプレッション

    同人誌『アニプレッションVOL.4』
    anipression-vol1

    Twitter : ochimusha_A
    最新コメント
    最新トラックバック

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    とある科学の超電磁砲23話 『いま、あなたの目には何が見えてますか?』 

    超電磁砲の第23話は、本性を現したテレスティーナ・木原に対し、美琴達はいよいよ一致団結して立ち向かおうという、クライマックスを迎える事に。

    しかしテレスティーナが木原の孫であるというのは予想外でしたが、この世界で木原と名の付く者は皆外道なのでしょうかね? それにしても豹変し過ぎですが、自身も実験台とされていた事を考えると歪んだ性格になるのも無理はないのかも。
    テレスティーナも能力開発を受けたとなると、その能力はマーブルチョコの色を当てると言った点から考えて、"事象の予測"辺りですかね?


    今回は何と言っても、佐天さんが格好良かったですね。
    離れて心配する位なら、一緒に苦労したいんです」それが友達だと言う事。
    無能力者の佐天には表立って活躍するような機会はほとんど無いけれど、これまでレベルアッパー等の件で悩み続け、友達に助けてもらったという立場にいる佐天だからこそ言えた言葉でしょうね。独断専行で失敗した美琴や、溝が出来ていた初春と黒子にもそれを気付いてもらいたかったのでしょう。


    そして今回は今までの複線が一気に回収された回でもありました。
    まずはスキルアウトの集団に"キャパシティダウン"を渡していたのもテレスティーナだったと言う事。それに関連した、「無能力者はモルモットじゃない」という台詞。
    それに佐天の特別補習で黄泉川先生が語った事を絡めて、「限界を超える事に意味があるんじゃないんですか!?」と詰め寄った事。
    更に、固法先輩が再びあの赤ジャケットを着た事も個人的にはかなり好印象でした。
    サブキャラ回の放送当時はその意義について疑問を感じたりもしたのですが、こうして今回それらにもこうした意義があったんだと気付かせてくれる事が上手いなぁと感心させられました。


    あと今までは出オチ担当だった婚后さんも今回は活躍の機会がありました。気を失った美琴を助けた訳ですが、しかし肝心の助けた場面は無し…
    その婚后さんの能力ですが、無事に美琴を助けられたと言う事は婚后さんにはキャパシティダウンが通用しなかったのでしょうか? まあ最終話の決戦では婚后さんの能力も見てみたいですがその機会はあるでしょうか…
    カエル先生、自慢話を聞かされるだけの登場かw それに助けてあげたのに「まだいたんですの」は酷いw

    一人車で先行する木山を見て美琴は「一人で行っちゃうなんて…」って、自分がやっていた事でしょうにw 突っ込み待ちですか?w
    固法先輩がエプロン付けて気合入っていましたが、幾ら自分が牛乳好きだからって、おにぎりに牛乳の組み合わせはどうかとw
    今回唯一のサービスカットは水泳部組の2人でしたが、流石にこの2人は出番は今回で最後ですかね。まあ最後に水着姿になったからそれで良いかな?


    さて次回はいよいよ最終決戦。バットを構えた佐天も参戦する気満々ですが、佐天さんにはそのバットでキャパシティダウン等の機器を物理的に破壊するのを期待したいですね。
    勿論、美琴も黒子も能力を存分に発揮して欲しいです。黒子のテレポートを駆使した戦闘もしばらく見ていませんし。初春は裏方のサポート役でしょうけど、その情報処理スキルで相手を追い詰めていって欲しいですね。
    そしてどういう形で決着が付くのか? まあ学園都市の事ですから、テレスティーナでさえも上層部の駒の一つに過ぎないのではないかなという気がしますが…

    あと、今回美琴は佐天のおかげで、独りではなく仲間を頼り、仲間と一緒に行動する事の大切さに気付かされた、と言う形になりました。
    ただ本来の時系列上では、この先に"妹達"の問題が待ち構えているんですよね… それを考えると複雑ですね…


    ところで、テレスティーナの声の担当が大原さんであるせいか、うみねこのベアトリーチェと結びつける方も結構いらっしゃったようですね。ベアトを連想する方がそれだけ多いって事は、うみねこもそれなりに注目されていたはずなんですよね… どうしてうみねこアニメはああなった…
    声優の観点から見ると、美琴にとっては以前の木山の時に続いて今回のテレスティーナ戦も、うみねこ以来の因縁の対決になる訳ですね。


    良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント















     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
     
    http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/tb.php/51-40bb5aeb
    検索フォーム
    FC2カウンター
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    アニメ・コミック
    1984位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    アニメ
    868位
    アクセスランキングを見る>>
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。