無常の流れ 新館

    アニメ感想記事では境界線上のホライゾンを中心に、その他はアニメ・漫画・ラノベ・ゲーム関連のネタ等を気が向いた時にやっていければ良いかなと思います。
     
     
    プロフィール

    落武者A

    Author:落武者A
    神のみぞ知るセカイⅡ最終話より、数々のパロネタの中から選んでみました。正確には「時をかけられる少女」だそうで。ゲームに限らずアニメでも、好きなヒロインには時間も金もかけられるという事という事ですねw ただ私はキャラグッズに手を出す事はほとんど無いのですが…

    フリーエリア
    mail (◇を半角@に直して下さい) mjoungr2.ochimusha◇gmail.com

    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    相互リンクについて

    アニプレッション

    同人誌『アニプレッションVOL.4』
    anipression-vol1

    Twitter : ochimusha_A
    最新コメント
    最新トラックバック

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ドキドキ!プリキュア 26話 恋愛は必要なのか? 

    ドキプリ26話は六花回、記憶喪失とは言え敵であるイーラを介抱した話でした。

    今回の内容について、私は別に男と絡んだと言っても思ったより大した事無かったし、少なくとも六花の方からはイーラに好意を持ったようには全然見えなかったのですけど、ネットでの反響はこの内容でも恋愛回だとか、恋愛へ向けてのフラグが立ったとかいう主張が思っていたよりもずっと多かったんですよね…
    プリキュアのようにまともな男のメインキャラがいない作品でも、特に恋愛メインの作品でなくても、あくまでも男女の恋愛を求める人はそんなにも多かったのでしょうかね?


    今回の放送直後の感想としては、話の主題は自分の夢に関する悩みに自分なりの結論を見出す事で、偶々きっかけとなる相手がイーラだったというだけであって、体が密着しても全然異性を意識するような事も無かったし、患者に対する医者、あるいはせいぜい弟か親戚の子に対する接し方だったんじゃないかと思ったんですよね。
    六花の色々な表情も見られたし、充分満足出来たと思っていました。

    しかし、プリキュアクラスタのTLとか2chとか見てみると、これだけでもう恋愛確定だと主張するような反響がかなり多かったですね… 男キャラと絡んだという事を喜んでいるだけならまだ分かるんですけど。
    pixivなんて圧倒的にイラりつのイラストばかりになってしまって、六花単体のイラストもマナりつ等他のキャラと一緒のも全然無くなってしまって、流石に愕然としましたね… ここまで変わってしまうものなのかと。
    プリキュアでも、そこまで男女の恋愛が求められるものなのですかね…?


    私は元々女キャラ同士での百合も好きだというのもありますけど、メインキャラに恋愛相手になり得る男キャラがいない作品の場合は無理して恋愛をさせる必要は無いと思っています。女同士の友情だけを描いても充分に良い作品になると思いますし。
    プリキュアにおいてはこれまでスマプリの5人の友情、ひびかなやラブせつ等の強い絆が描かれてきて、ドキプリでのマナと六花の関係もそれらに続くものとして、前半2クールは幸福の王子と燕の比喩に始まる色々な積み重ねがありました。2クール目には敵方のレジーナと友情を築きあげていく過程も丁寧に描かれていたと思います。
    そして、これまでは男キャラとまともに絡む事はほとんど無かった訳ですよね。せいぜい後輩の男子がマナに弟子入りしたくらいでした。

    それだけに、今回イーラと絡んで恋愛フラグが立ったとされる事が唐突に感じるし、何より相手が敵の男だというのがどうにも納得が出来ないんですよね。
    イーラはレジーナと違って明らかにトランプ王国滅亡に関与しているし、キャラを好意的に掘り下げるような機会も無く、今までほとんど絡みが無かったのに、ただ1回絡んだだけで恋愛になってしまうものなのでしょうか? マナりつの2クール半年間の積み重ね、10年間の幼馴染の関係がたった一度の男との絡みに劣るとは流石に無理があるんじゃないですかね…
    まあ恐らく最終決戦ではイーラは六花の担当にはなりそうですけど、それまで持ち越しとして、しばらくはまた仲間同士の友情や絆を描く事に戻る方が自然なように思います。新幹部の登場でイーラの出撃の機会もあまり無さそうですし。

    そもそもイラりつ支持派の人達は六花の相手がイーラで本当に良いんですかね
    敵のイーラと比べたら、信頼関係を積み重ねてきたラケルが擬人化した方がまだ恋愛相手としては納得出来るのですが。今回もラケルに対しては「デートしよう」って言ってますしねw
    初めから擬人化可能であったなら、イラりつよりラケりつの方が人気カプになっていたんでしょうかね。
    あくまでも相手はイーラが良いというのであれば、何故なのか是非とも理由を聞いてみたいと思います。理由によっては私も納得出来るかも知れませんので。


    あと恋愛とは関係無いですが今回の演出で、浜辺での六花の足跡が波に消されるのが"自分の抱いていた信念があやふやだった"事を表している、というツイートがあって、素晴らしい着眼点だと思いました。

    今回は以上です。次回からはあまり気にしないで観られるようになれば良いんですけどね。


    良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント















     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
     
    http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/tb.php/445-35c48798
    その足跡を確かめながら【アニメ ドキドキプリキュア#26】
    ドキドキ! プリキュア 【Blu-ray】vol.1(2013/09/27)生天目仁美、寿美奈子 他商品詳細を見る アニメ ドキドキ!プリキュア 第26話 ホントの気持ちは?     六花またまた悩む! 天才肌
    ドキドキ!プリキュア 第26話「ホントの気持ちは?六花またまた悩む!」
    ドキドキ!プリキュアの第26話を見ました。 第26話 ホントの気持ちは?六花またまた悩む! 医者になりたいという夢を持つ六花だったが、医者の母に憧れているだけで本当に医
    ドキドキ!プリキュア 第26話 「ホントの気持ちは?六花またまた悩む!」 感想
     六花回。憧れから自分の夢へ。
    検索フォーム
    FC2カウンター
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    アニメ・コミック
    2250位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    アニメ
    980位
    アクセスランキングを見る>>
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。