無常の流れ 新館

    アニメ感想記事では境界線上のホライゾンを中心に、その他はアニメ・漫画・ラノベ・ゲーム関連のネタ等を気が向いた時にやっていければ良いかなと思います。
     
     
    プロフィール

    落武者A

    Author:落武者A
    神のみぞ知るセカイⅡ最終話より、数々のパロネタの中から選んでみました。正確には「時をかけられる少女」だそうで。ゲームに限らずアニメでも、好きなヒロインには時間も金もかけられるという事という事ですねw ただ私はキャラグッズに手を出す事はほとんど無いのですが…

    フリーエリア
    mail (◇を半角@に直して下さい) mjoungr2.ochimusha◇gmail.com

    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    相互リンクについて

    アニプレッション

    同人誌『アニプレッションVOL.4』
    anipression-vol1

    Twitter : ochimusha_A
    最新コメント
    最新トラックバック

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Angel Beats! 4話 『Day Game』・野球に関する個人的な雑感 

    Angel Beatsの第4話は野球回。ユイの本格参入もあって全体的にコメディ主体でしたが、そんな中でもかつて高校球児だった日向の過去が判明しました。


    いきなりアニメの内容から脱線してすみませんが、今回は野球回という事なので、ここで個人的な"野球"に対する考えについて書かせて頂きます。
    私は野球そのものは嫌いではないですし、自分がやるなら楽しいスポーツだとは思います。しかし、日本のスポーツ界の野球中心主義的な風潮、マスコミの報道姿勢が野球一辺倒であるのには辟易しますね…
    野球の結果は毎日6試合きっちり放送するのにJリーグの結果は軽く触れるだけで終わらせたりとか、他の競技ではスター選手がいるかどうかに左右され、オリンピックが終われば見向きもされなくなるとか。
    日本のスポーツが全般的に世界で不振なのは、この野球至上主義的な風潮のせいで他の競技に興味を持たれなくなってしまっているからではないのかと疑いたくなってしまいます。
    それでいて野球は世界的に普及している訳でもなく、一応世界大会であるはずのWBCも日本以外の国は大してやる気が無く、優勝したにも関わらずやる気の無かったMLBから日本野球が格下扱いされる始末だし… ならば野球ばかりでなくて、もっと色々な競技で日本選手が世界で活躍出来るように支援して欲しいと思うのですが。

    アニメでも漫画でもゲームでも、作品内で行われるスポーツは大抵は野球ですよね。
    まあ野球にはバッターとピッチャーの1対1の勝負があり、かつ打順が巡る事で1人ひとりにそれぞれ満遍なく焦点が当たり、そして団体競技としてチームの団結を見せる事が出来るという、単に日本人の好みに合う要素が多いというだけでなく、物語としてもドラマを描き易いという利点があるからなのでしょう。そういう点も日本に特に野球が普及した理由の一つでしょうかね。

    そんな訳で、CLANNADで草野球ルートが存在し、リトバスでは野球自体が物語を構成する重要な要素となっていたように、このABでも野球メインの回が含まれる事になったようです。麻枝氏も野球はかなり好きなようですね。まあでもCLANNADはバスケットの3on3もありましたけど。


    脱線が長くなってすみません。ここから今回の話について。
    まずは日向の過去についてですが、どうやら自分のエラーによってチームが敗退してしまったようで。自分のせいでとなると後々まで悔いの残る出来事になりそうですが、ゆりや岩沢のケースと比べると人生における深刻な問題とまではならないと思われるので、これはやはり後で渡された薬らしきものが原因だと考えられそうですね。その薬のせいで人生を転落していってしまったのでしょうか。
    そして試合は何という偶然か、1点差で迎えた9回裏2,3塁、かつてのトラウマと全く同じようにセカンドフライが飛んで来て… それを捕って終わるなら、「最高に気持ちがいいな」と。

    理不尽な運命を強いた神に抗うという目的で結成されたSSSですが、今回の日向のケースを見ると、SSSのメンバーでも生前の後悔や未練を晴らす事さえ出来れば満足するのかも知れませんね。日向もこの世界から消える事自体は恐れていないような感じでしたし、何としても運命に抗おうとしている者はゆり以外には多くないのかも知れません。
    一方で音無は日向に消えて欲しくは無かったと。まだ気を許せる相手は多くないでしょうから、数少ない仲間と呼べる存在を失いたく無かったのでしょう。

    しかし結末はユイが妨害してキャッチ出来ませんでしたとw ここで本当に消えてしまうのではなくてギャグで落とすのかなとは予想してましたが、そこにユイが絡んでくるのは予想外でした。まあそれまで散々関節技かけられた復讐でしたけども、このタイミングでというのは良いのか悪いのかw 音無も転がっているボールをバックホームすれば勝てたかも知れないのに勿体無いですね。まああまりの事に呆気に取られてもしょうがないかw


    ゆりは今回は球技大会にゲリラ参戦という形をとり、これまでのように天使を直接排除はしませんでしたが、今回は単に天使の鼻を明かせれば良かったのですかね? 折角だから自分も大会に参加すれば良かったと思いますが。あと笑い方が完全にリトバスの沙耶になってたw

    ユイは思ったよりも随分暴走というか、良い意味で引っ掻き回してくれるキャラのようですね。ボケもツッコミもこなせそうなのでコメディパートでは大活躍してくれそうです。互いに技を掛けあいまくった日向とのコンビにも期待したいですね。EDでも首を絞めてたしw OPはユイ中心のロックバージョンになってましたが、ユイはガルデモのヴォーカルになれるでしょうか? そしてあの尻尾はどういう理屈で動いているのでしょうか?w

    椎名は試合中もずっと箒を指で立てたまま片手で打ったりボールキャッチしたり、松下はうどん食べながら外野の守備をこなしたり、野田は打球を打ち返して音無も応対して高速で打ち合ったりと、SSSメンバーはアホばかりだけど身体能力は恐ろしいですねw

    次回はまたガルデモの回になるでしょうか。今回ひさ子は少し喋りましたが後2人はまだほとんど出番がありませんねぇ… あとひさ子が苗字では無いのも気になる所ですね。


    良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント















     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
     
    http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/tb.php/25-3a8c9ebb
    検索フォーム
    FC2カウンター
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    アニメ・コミック
    1720位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    アニメ
    771位
    アクセスランキングを見る>>
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。