無常の流れ 新館

    アニメ感想記事では境界線上のホライゾンを中心に、その他はアニメ・漫画・ラノベ・ゲーム関連のネタ等を気が向いた時にやっていければ良いかなと思います。
     
     
    プロフィール

    落武者A

    Author:落武者A
    神のみぞ知るセカイⅡ最終話より、数々のパロネタの中から選んでみました。正確には「時をかけられる少女」だそうで。ゲームに限らずアニメでも、好きなヒロインには時間も金もかけられるという事という事ですねw ただ私はキャラグッズに手を出す事はほとんど無いのですが…

    フリーエリア
    mail (◇を半角@に直して下さい) mjoungr2.ochimusha◇gmail.com

    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    相互リンクについて

    アニプレッション

    同人誌『アニプレッションVOL.4』
    anipression-vol1

    Twitter : ochimusha_A
    最新コメント
    最新トラックバック

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 総評 

    ソラノヲトの最終回から1週間経ちましたが、一応この作品の総評をまとめておきます。

    この作品の記事は結局1度も火曜日の内には書けず、最終話の記事を手抜きで済ませ、日曜には書くと言っていたこの総評も遅くなってしまった、といった所からも察して頂きたいと思うのですが、率直に言うと、やはり微妙に物足りなさが残る、どうも今一すっきりしないという印象でした。
    先にこの作品を高く評価しているブログの記事も幾つか読ませていただきましたが、主張されている意見も分からなくは無いのですが、それでも個人的には微妙な印象を拭い去るまでにはならなかったですね…


    この作品がメインに描いたのはあくまでも10話までの"戦後の日常"であり、最後の2話は戦争という"非日常"に放り込まれる危機を描いたという事になるのでしょうかね。
    それはトランペットを演奏出来るようになりたい、という理由で軍に入隊したカナタを主人公に据えた事にも表れているのでしょう。
    ほかの小隊のメンバーは、クレハは孤児であり、ノエルは"見えない死神"の開発に関わっていた。フィリシアにはかつての仲間が全滅したという壮絶な過去があり、リオは公女という立場から逃げていた。そんな中でカナタだけが家族も健在である等、戦争に絡んで負っているものは特に無く、ある意味平和な日常の象徴とも言える存在でしょうか。だから日常を描く主人公には相応しかったのかも知れません。
    しかし、だからこそカナタには、戦争と平和な日常に関して、自分が軍にいる事、小隊の仲間や街の人々との触れ合い等を通して得た彼女なりの信念を示す場面が欲しかったと思います。
    トランペットが奏でる音は自国のみならず敵国の兵士達にも響く、それがカナタなりの信念だったのでしょうが、戦争に関して背負うものが無いカナタにはそこに至るまでの背景が弱かった為に、どうも説得力というか深みがあまり感じられなかったのですよね… その点は惜しかったです。


    世界観の設定に関しては、まず世界を崩壊させたかつての大戦争や、"羽の生えた悪魔"の化石については詳しく触れられませんでした。4話の頃、「終盤ではこの化石のような巨大な鳥が街を襲い、修復したタケミカヅチで撃退するのでは?」と展開予想しましたが、見事に外れましたね…
    旧時代の大戦争ならまだしも、フィリシアやノエルも直接関わったヘルベチアとローマの戦争についても、リオも関わったであろう停戦協定の締結の経緯も深くは語られませんでした。そもそも何故両国の間で戦争が行われたのかという点は、戦後を描くというテーマの上でも触れておくべきだったのではないかと思います。リオによるとローマの王は話が分かる人物との事ですが、ならば尚更、何故戦争になってしまったのかが見えてこないですね。

    ストーリーの構成については、今でこそ日常がメインだったと言えるのでしょうが、7話のフィリシアの壮絶な過去の話の後で、お漏らしをやるというのは流石にどうかと… この世界観で主人公の女の子にお漏らしさせるという事自体やや引き気味だったのですが、いよいよシリアス展開に突入かと思わせておいてこれでは思いっきり肩透かしを食らった気分でしたね…

    そして、結局"軍隊に所属している意義"も、軍隊ものの固定概念を打ち破ろうという意図があったのかも知れませんが、結局"あえて軍隊でやる"という以上でも以下でも無かったようにしか思えませんでした。
    10話の記事でも書きましたが、ならばやはり軍隊でなくても、私設武装組織でも良かったのではないかと思うんですよね。フィリシアが上官に向けて発砲したり拘束するといった軍人として不可解な行動もあり、特に軍隊である必要はあったのかと疑問に感じます。
    まさか"軍服萌え"というだけでは無いと思いますが。


    各話個別に見ると、9話のクレハやクラウスの活躍、10話のマダムの話やリオの決意に関しては、単独のエピソードとしては良かったと思います。しかしストーリー全体的には、一貫した大きな軸となるテーマとして戦後の日常を生きる人々を描きたかったというのは、ちょっと伝わり難かったのではないかと感じました。
    一回見ただけでは分かり難い部分も多いかと思いますが、個人的にはそう何度も見返したくなるまででは無かったですかね…

    やはり何だかんだで長くなってしまいました。
    ここまでソラノヲトの記事にお付き合い頂き、ありがとうございました。


    良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント















     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
     
    http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/tb.php/19-2b423792
    検索フォーム
    FC2カウンター
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    アニメ・コミック
    2388位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    アニメ
    1023位
    アクセスランキングを見る>>
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。