無常の流れ 新館

    アニメ感想記事では境界線上のホライゾンを中心に、その他はアニメ・漫画・ラノベ・ゲーム関連のネタ等を気が向いた時にやっていければ良いかなと思います。
     
     
    プロフィール

    落武者A

    Author:落武者A
    神のみぞ知るセカイⅡ最終話より、数々のパロネタの中から選んでみました。正確には「時をかけられる少女」だそうで。ゲームに限らずアニメでも、好きなヒロインには時間も金もかけられるという事という事ですねw ただ私はキャラグッズに手を出す事はほとんど無いのですが…

    フリーエリア
    mail (◇を半角@に直して下さい) mjoungr2.ochimusha◇gmail.com

    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    相互リンクについて

    アニプレッション

    同人誌『アニプレッションVOL.4』
    anipression-vol1

    Twitter : ochimusha_A
    最新コメント
    最新トラックバック

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    第2回戦国武将紹介 

    何とかギリギリ6月中に第2回戦国武将紹介が間に合いました。と言っても結局長くなったので後半は月を跨ぎますが…><

    それでは早速、第2回戦国武将紹介『小早川 隆景』をお送りします。


    小早川 隆景 (1533-1597)

    小早川隆景毛利元就の三男として生まれる。
    小早川家は沼田・竹原の両家に分かれていたが、竹原小早川家の当主・小早川興景が死去すると、隆景が養子に迎えられ、竹原小早川家の当主となる。
    初陣で砦を小早川軍単独で落とすという功を挙げ、大内義隆から賞賛される。
    沼田小早川家の当主・小早川繁平は病弱であったため、元就・義隆は繁平を隠居させて隆景に家督を継がせ、沼田・竹原の両小早川家を統合する。隆景は繁平の妹を妻に娶る。
    備後国(広島県)の新高山城を本拠地とする。

    以後、小早川氏は毛利一門に組み込まれ、隆景は毛利家の水軍の大将として活躍。
    厳島の戦いにおいて、陶晴賢率いる大内水軍を破り、毛利軍の勝利に大いに貢献する。
    元就が隠居して長兄の毛利隆元が家督を継ぎ、さらに隆元が急死し、甥の毛利輝元が家督を継ぐと、隆景は兄の吉川元春と共に幼少の輝元を補佐する。
    元春が軍事面を担当したのに対し、隆景は水軍の情報収集力を活かし主に政務・外交面を担当

    天正4年(1576年)、落ち延びてきた将軍足利義昭の強い誘いもあり、第2次信長包囲網の一角として織田方と戦うこととなる。
    石山本願寺を救援した第一次木津川口の戦いでは、小早川水軍、村上水軍を主力とする毛利水軍が、織田方の九鬼水軍を破った。
    しかし2年後の天正6年(1578年)には第二次木津川口の戦い鉄甲船を配備した九鬼水軍に敗れ、制海権を失う。
    天正10年(1582年)には清水宗治が籠る備中高松城(岡山県)が包囲され、隆景は輝元・元春と共に毛利氏の主力3万を率いて救援に赴く(備中高松城の戦い)。
    6月に本能寺の変が起きて織田信長が死去した際、羽柴秀吉は毛利家と和睦を結び、畿内へ引き返す(中国大返し)が、信長の死を知り、秀吉を追撃するべきとする吉川元春・元長父子に対し、
    隆景は「誓紙の血が乾かぬうちに追撃するのは不義であり、信長の死に乗ずるのは不祥である」と主張したため、毛利軍は羽柴軍を追撃しなかった。
    この頃、隆景は居城を新高山城から瀬戸内海に面した三原城(広島県)に移している。

    賤ヶ岳の戦いの後に毛利家が秀吉に従属すると、隆景は秀吉に積極的に協力する。
    四国征伐で功績を挙げて伊予(愛媛県)一国を与えられ、九州征伐の後には筑前・筑後(福岡県)・肥前(佐賀県)1郡に移されて37万石の大名となる。
    九州征伐の際に兄の元春とその嫡男元長が相次いで死去したため、隆景は一人で輝元を補佐し、毛利家を守っていくことになる。
    朝鮮出兵では碧蹄館の戦いで立花宗茂とともに明の大軍を撃破する。
    秀吉の隆景に対する信任は厚く、毛利家から輝元だけでなく隆景も五大老に迎えられている。

    秀吉は妻の甥である羽柴秀俊を実子のいない輝元の養子にし、毛利家を継がせようとしたが、隆景はこれを阻止するため、隆景自身にも子が無い事を理由として秀俊を小早川家に迎えたいと申し出る。
    秀俊は小早川秀秋と名乗り、隆景は秀秋に家督を譲って隠居する。


    第1回の蒲生氏郷の時と比べて、今回は略歴だけで結構な長さになりました(^_^;)
    隆景は毛利家の大黒柱としてだけでなく、豊臣政権内で毛利家中の陪臣でありながら五大老に選出されるなど、秀吉からも大きな信頼を得ていました。
    小早川家を継いだ秀秋は後に関ヶ原の合戦で西軍から東軍に寝返り、僅か2年後に早世したため小早川氏は断絶してしまいますが、隆景が秀秋を小早川家に引き取ったからこそ、毛利本家は救われ、後の長州藩として幕末・維新の主役となっていったので、これも隆景の功績だと言えるのではないでしょうか。

    その他のエピソードに関してはまた次回。


    良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
    にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント















     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
     
    http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/tb.php/185-8e1e0d19
    検索フォーム
    FC2カウンター
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    アニメ・コミック
    2388位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    アニメ
    1023位
    アクセスランキングを見る>>
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。