無常の流れ 新館

    アニメ感想記事では境界線上のホライゾンを中心に、その他はアニメ・漫画・ラノベ・ゲーム関連のネタ等を気が向いた時にやっていければ良いかなと思います。
     
     
    プロフィール

    落武者A

    Author:落武者A
    神のみぞ知るセカイⅡ最終話より、数々のパロネタの中から選んでみました。正確には「時をかけられる少女」だそうで。ゲームに限らずアニメでも、好きなヒロインには時間も金もかけられるという事という事ですねw ただ私はキャラグッズに手を出す事はほとんど無いのですが…

    フリーエリア
    mail (◇を半角@に直して下さい) mjoungr2.ochimusha◇gmail.com

    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    相互リンクについて

    アニプレッション

    同人誌『アニプレッションVOL.4』
    anipression-vol1

    Twitter : ochimusha_A
    最新コメント
    最新トラックバック

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    3月終了アニメ評価まとめ 

    もう4月も終わりになりますが、『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』のピッコロさんの恒例企画『今期終了アニメの評価をしてみないかい?8』に私も参加させて頂きます。
    ピッコロさんの企画に参加するのは、けいおん1期の時以来3期ぶりになりますね… 昨年9月分は化物語がまだ終わらず、12月分はうみねこの評価をつける気になれず棄権しましたので。

    私からは超電磁砲バカテスソラノヲトの3作品について評価を付けさせて頂きます。
    以下にそれぞれの作品のの総評記事へのリンクを貼っておきますので、こちらもご覧下さい。
    とある科学の超電磁砲 最終話 『Dear My Friends』
    バカとテストと召喚獣 最終話 『バカとテストと召喚獣』 その1
    バカとテストと召喚獣 最終話 その2・総評
    ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 総評


    ○とある科学の超電磁砲
    ストーリー          3
    キャラクター性     4
    画                   5
    演出                3
    音楽                4
    総合的な評価     4
    計                  23
    レベル5の超能力者である美琴が主人公なのに、美琴がその能力を存分に発揮する機会が少なく、美琴自身の掘り下げも充分とは言えなかったのが残念ですね。無能力者に対する無神経とも受け取られかねない発言に対するフォローも弱かったし…
    キャラの魅力は良く出せていたと思います。佐天は良い活躍をしてくれたし、黒子の変態行為には何度も楽しませてもらいましたw 但しキャラ同士の関係は、美琴と黒子、佐天と初春の結びつきと比べて、美琴と佐天・初春の関わりの描写がやや薄かった気がします。
    映像面は素晴らしかったし、決戦の場面でOP曲が流れてきたのも良かったですね。


    バカとテストと召喚獣
    ストーリー          4
    キャラクター性     4
    画                   4
    演出                4
    音楽                3
    総合的な評価     4
    計                  23
    試験召喚戦争というこの作品独自のシステムの表現が今一つ伝わりにくかったのが惜しい所ですが、登場人物達が全力でバカをやるというコメディ部分は充分楽しめたと思います。美波のお弁当の話や雄二と翔子の遊園地の話等、単体での良いエピソードもありました。
    しかし不満を感じるのはヒロインの一人であるはずの美波が終盤ほとんど目立たなかった事と、優子がKYキャラにされた事ですね… 秀吉も性別ネタ以外の活躍が物足りなかったし。しかし明久は主人公らしく熱い活躍を見せてくれたし、雄二は試召戦争で立てた数々の作戦や駆け引きが素晴らしかったです。姫路さんは良いヒロインだったけど、もう少しはっちゃけてくれても良かったかも。後は続編に期待したいですね。


    ソ・ラ・ノ・ヲ・ト
    ストーリー          2
    キャラクター性     2
    画                   4
    演出                3
    音楽                4
    総合的な評価     3
    計                  18
    軍隊という舞台でありながら、あくまでもメインは日常の話だったと言う事で、大戦争後の滅び行く世界で懸命に生きる人々を描いたという事だと思いますが、ならば何故軍隊という舞台にしたのかというと、敢えて軍隊で戦いの無い日常を描きたかったという以外の理由が見出せないのですよね… 世界観の設定もただ設定としてあるだけでそれらを生かしきれなかった感じでした。
    キャラの魅力も他の作品と比べるとやや弱いかと。個人的には一番良かったキャラは誰かと言われたら、メインの小隊メンバーではなくサブキャラのクラウス少佐を挙げたい位なんですが。
    "音"にこだわる作品だけあって、トランペットや様々な音の使い方は良かったと思います。


    ○ベストキャラクター賞:坂本雄二 (バカテス)
    敢えて主人公以外の男キャラである雄二を選びました。主要な女の子キャラはどれも決め手に欠けるので、ならば試召戦争でもう一人の主人公と言っても良い位の活躍を見せてくれた雄二でいいかなと。

    ○ベストOP賞:LEVEL5 -judgelight- (超電磁砲)
    ○ベストED賞:棄権
    超電磁砲のOPは曲も良かったですけど映像の動きも素晴らしかったですね。
    EDはすみませんが該当無しという事で…

    ○ベスト声優賞・男性:下野 紘さん (吉井明久:バカテス)
    ○ベスト声優賞・女性:新井里美さん (白井黒子:超電磁砲)
    下野さんは明久の良い意味でのバカっぷり、新井さんは黒子の変態行為を見事に熱演されておりました。他にもテレスティーナ役の大原さやかさんの外道な悪役っぷり、秀吉・優子役の加藤英美里さんの2役の演じ分けも良かったです。


    全体的に評価はやや厳しい感じになったでしょうか。しかし超電磁砲はもっと美琴の主人公らしい活躍さえあれば、バカテスは美波の見せ場さえあれば、それだけで評価というか個人的な満足度は大分上がっていたかなという気もします。まあ好みのキャラが活躍するかどうかと言う点は作品自体の印象にも大きく左右してしまうのではないでしょうか?


    良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント















     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
     
    http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/tb.php/15-741381dd
    検索フォーム
    FC2カウンター
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    アニメ・コミック
    2593位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    アニメ
    1091位
    アクセスランキングを見る>>
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。