無常の流れ 新館

    アニメ感想記事では境界線上のホライゾンを中心に、その他はアニメ・漫画・ラノベ・ゲーム関連のネタ等を気が向いた時にやっていければ良いかなと思います。
     
     
    プロフィール

    落武者A

    Author:落武者A
    神のみぞ知るセカイⅡ最終話より、数々のパロネタの中から選んでみました。正確には「時をかけられる少女」だそうで。ゲームに限らずアニメでも、好きなヒロインには時間も金もかけられるという事という事ですねw ただ私はキャラグッズに手を出す事はほとんど無いのですが…

    フリーエリア
    mail (◇を半角@に直して下さい) mjoungr2.ochimusha◇gmail.com

    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    相互リンクについて

    アニプレッション

    同人誌『アニプレッションVOL.4』
    anipression-vol1

    Twitter : ochimusha_A
    最新コメント
    最新トラックバック

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    うみねこのなく頃に18話 EpisodeIII-VII ep3終了… 

    うみねこ18話… せっかくのep3クライマックスにして待望の縁寿初登場だというのに、何とも消化不良のまま終わってしまったという感じです(´・ω・`)
    尺が足りないのは分かりますが、それでももう少しやりようがあったんじゃないかと… 最低限削るべきではなかった所を削ってしまったりするのは尺以前の問題だし。
    せめてあと1話多ければ少しは変わったんでしょうかね? 結局「超展開過ぎワロタww」にしかならんのかな(-_-;)

    まずは嘉音の召還について。目を負傷した朱志香を助ける為にベアトは嘉音の魂を呼び寄せました。
    そしてエヴァに気付かれないように、朱志香を別の部屋へ誘導。
    というかこの部屋、"07151129"って譲治・紗音の遺体のある部屋じゃないですかΣ(´д`;)
    原作では特にどこの部屋かというのは触れられていなかったと思います。まあ覚えてないだけかも知れませんが…
    どちらにせよ朱志香は行方不明という事だけしか分かっておらず、実際は目が見えずにどうやって移動したのか、また死亡したとして遺体はどの部屋にあるのかというのは結局語られず終いになりそうです。

    ベアトに対する嘉音の台詞に「今この瞬間、貴女は良き魔女だ」とありましたが、
    確かにこの時点では、良き魔女だったと言えるでしょうねw 演技であるかどうかはさておいて。

    ベアトはシエスタの弓に何度貫かれようとも心臓だけになろうとも、朱志香達のいる部屋の扉を守り続ける。
    しかしついに止めを刺されるかという所で、エヴァを上位世界へ連れ出し、
    対戦相手にベアトではなくエヴァを指名しての推理合戦へ。
    戦人にはシエスタの射撃も通用せず。例え神話級の魔法であろうとも傷一つ付けられないでしょう。
    黄金の魔女の名は決して安っぽくないって事を、お前に代わって教えてやる
    まさにヒロインを守る主人公の台詞ですな(´∀`;)
    それにしても、七姉妹の見せ場はあっけなかったのに対して、シエスタの演出は気合入ってますね(^-^;)
    まあ七姉妹の出番はep4では充分多いので、そちらを待つ事にします。

    さて推理に関してですが、まずは第二の晩、エヴァは秀吉がずっと部屋で絵羽の看病をしていたと主張。
    しかし戦人による『絵羽は事件前後に部屋から一歩も外に出ていない』との復唱要求に応じられませんでした。
    つまり、これで絵羽のアリバイは崩れたと考えて良いでしょう。

    続いて第四~六の晩、ゲストハウスを出ないべきだと主張していた霧江が食料を取りに出て行った件。
    現場検証の結果、霧江のポケットにあった煙草の吸殻が秀吉のものと一致
    そこから、大の煙草嫌いである絵羽の部屋に吸殻があるのを霧江が発見し、絵羽が部屋を抜け出した事に気付き、食料確保を口実に秀吉を隔離して真相を問い詰めようとしたと推理。
    これにも赤字での反論はありませんでしたが… ここからエヴァが反撃に出ました。

    朱志香負傷後、絵羽は戦人の監視下にあり、南條殺害のアリバイがある。
     犯行時に使用人室には南條と朱志香しかいなかった。
     朱志香は殺人を犯してはいない。戦人・絵羽も南條殺害に関わっていない。
     この島には19人以上の人間はいない。
     南條は他殺。トラップではなく真正面の至近距離から殺した

    つまり、生存者の3人には南條の殺害は不可能なんですが、一番重要な赤字が抜けてますね…
    金蔵、源次、紗音、嘉音、郷田、熊沢、楼座、真里亞、留弗夫、秀吉、霧江、蔵臼、夏妃、譲治、南條、
     以上15人は死亡している

    肝心のこれが抜けていて「この1000年でこれ程美しい盤面を見たのは初めて」と言われてもなあ…(´д`;)
    しかしこれがカットされたという事は、死亡に関して疑っても良い、という事なのですかね?

    どちらにせよ、生存者3人の誰でもないというのなら、死者を疑うしかありません
    ならば可能性があるのは誰か、という事になりますが、
    第一・第二の晩においては、幻想での殺害描写の直後に赤字での殺害に関する言及がありました。
    しかし、第四の晩以降では赤字での宣言は何もされていません。
    つまり、第四の晩以降の、
    留弗夫・秀吉・霧江・蔵臼・夏妃・譲治の6人の生死についてはこの時点まで確定されていなかったと考えられます。
    なので、この6人の中に南條殺害後に死亡した人物が含まれていると考えて良いのではないでしょうか?

    戦人が推理を諦めた事により、ベアトが赤で魔女を否定する事に。
    そなたの前だけでは魔女でいたいのだ」ベアトの表情が凄く良い笑顔ですね…

    そしてゲーム盤では、絵羽が戦人に向けて発砲。
    少なくともこの戦人殺害は絵羽によるものと考えて良いでしょうか。

    戦人とベアトは黄金郷に招かれ、そこには親族達も勢揃いしていました。
    招待状へのサインを求められ、違和感に気付きながらも、ベアトだけでなくワルギリアまでもサインを迫り…

    そして、そこに戦人の妹・縁寿がいよいよ登場!
    山羊の皆さんを華麗に蹴りで薙ぎ倒す、ep2の楼座にも引けを取らない無双っぷりが流石です(´∀`;)
    縁寿の指摘でようやく自分が騙されていたと気付かされ、嘘だと言ってくれと願うも、
    ツンの後にデレっとしてみせる、北風と太陽作戦」だったとネタばらし(ノ∀`)
    しかし気になるのは、嘘だとばらす前に、かなり躊躇うような、辛そうな表情をしていたという事です。
    実はこちらの方が本心なのかも知れませんね。どっちが演技なのでしょうか?

    それにしてもこの場面、原作でのベアトの台詞がごっそりカットされていたのがやはり残念ですね…(´・ω・`)
    各サイトで見た原作組の多くの方の意見にあるように、「残念でしたァ、魔女は反省なんてしませェん」も惜しかったのですが、個人的にはどちらかというと、
    戦人は妾の玩具だ。妾のお気に入りの、世界で一番の玩具だ…!!」の方を入れて欲しかったですね。言葉はともかく、どれだけ戦人の事を気に入ってるんだとw
    後は縁寿の「なんてあなたは幸せなの?! あなたたちが羨ましいわよ、私も混ぜてほしいくらいッ!!」等もあって欲しかったけど、流石に尺が足りませんかね。

    この後、ラムダデルタに「勝つ気があるのか」と問い質されていますが、
    今回は騙す為とはいえかなり戦人に手を貸していましたので、ベアトの真意についても、魔法を認めさせる以外に真の目的があるのかも知れず、真相は未だはっきりしません。

    そして舞台は一気に12年後の未来へと移り、1986年の六軒島から唯一生還した絵羽から
    縁寿へ右代宮家の家督と黄金を継がせる事に

    六軒島の事件の真相をついに知る事が出来ず、失望し切った縁寿は屋上から身を投げようとし、
    そこに魔女ベルンカステルが現れて、ベアトリーチェに対抗出来るのは縁寿だけだと告げる。
    右代宮家の家督と同時に、ベアトリーチェの名も縁寿に引き継がれたという事ですね。
    家族を返す約束は出来ないが、信じれば奇跡は起こせると言いますが…


    さて、今回でep3は終了になりますが、
    ep3が現時点で最も熱いストーリーだったのに、結局その熱さというか盛り上がりが中途半端なまま終わってしまったなと…orz
    尺が足りないのは分かりますが、それでも足りないなりに、どこを削るべきでないのかもっと考えられなかったものかと残念に感じます。
    まあ出来れば、物足りない分は是非原作をプレイして補って頂きたいなと思いますが(^-^;)

    ともかくこれで、縁寿も参戦しての第4のゲームへと舞台は移ることになります。
    ep4は従来のゲーム盤と上位世界に加えて、1986年以前の真里亞の過去・1986年以降の縁寿の過去、そして1998年の縁寿のいる世界と、時系列が行ったり来たりでややこしいことになりそうです。
    過去編はかなり鬱になる展開も多いんですよね… 一方ゲーム盤ではコメディ要素が多めだったりしますがw
    せめてコメディ展開はカットにならない事を願いたいです。


    あと、ep3が終了したので、一度ep3の事件についてまとめてみようと思います。
    出来れば来週の祝日前には間に合わせる予定でおります。長くなるかも知れませんが(^_^;)

    今回特に長くなってしまいましたね、今回はキャプチャ画像も入れたかったけど力尽きた…orz


    次回予告、縁寿病んでるなw そして真里亞の服は一体何なのかw
    うみねこ劇場(仮) 第19話「Episode IV - I end game」予告


    あとついでに、カオスな動画も上げておきます。オッサン達が今回もヤバイw
    カオスなうみねこのなく頃に 伍


    良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ 人気ブログランキングへ
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント















     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
     
    http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/tb.php/131-52b4e3aa
    検索フォーム
    FC2カウンター
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    最新記事
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    アニメ・コミック
    3423位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    アニメ
    1332位
    アクセスランキングを見る>>
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。