無常の流れ 新館

    アニメ感想記事では境界線上のホライゾンを中心に、その他はアニメ・漫画・ラノベ・ゲーム関連のネタ等を気が向いた時にやっていければ良いかなと思います。
     
     
    プロフィール

    落武者A

    Author:落武者A
    神のみぞ知るセカイⅡ最終話より、数々のパロネタの中から選んでみました。正確には「時をかけられる少女」だそうで。ゲームに限らずアニメでも、好きなヒロインには時間も金もかけられるという事という事ですねw ただ私はキャラグッズに手を出す事はほとんど無いのですが…

    フリーエリア
    mail (◇を半角@に直して下さい) mjoungr2.ochimusha◇gmail.com

    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    相互リンクについて

    アニプレッション

    同人誌『アニプレッションVOL.4』
    anipression-vol1

    Twitter : ochimusha_A
    最新コメント
    最新トラックバック

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    とある科学の超電磁砲11話 『木山せんせい』 

    超電磁砲の11話は、レベルアッパーを利用する木山の目的が明らかになり、
    学園都市の闇の部分にも触れる展開となりました。
    今回はコメディ無しのシリアス一色でしたね。

    木山は人質とした初春に、レベルアッパーをアンインストールするプログラムを預ける。
    後遺症は無いとは言いますが、親友が昏睡状態になってしまっては素直に納得出来るものではないですよねぇ。
    元のデータは消去されてしまい、後は初春に渡されたそのプログラムのみ
    何かの拍子に壊れてしまっては昏睡患者を目覚めさせる方法が無くなってしまう(´д`;)

    一万人分の脳を繋いだネットワークを駆使する事で、実現不可能とされてきた
    1人で複数の能力をもつ多重能力者(デュアルスキル)としての力を持つ木山。
    木山自身は、理論上不可能な多重能力とは違う複数能力者(マルチスキル)だと言っていますが、これってどう違うんですかね?
    複数の能力を同時に使うだけでなく、複数の理論を組み合わせると多重能力になるとか?
    まあ、美琴も言ってたように呼び方なんてどうでもいいかも知れませんけど(^-^;)

    どちらにせよ、道路を塞いだアンチスキルをあっさり全滅させる程の力が備わっている訳で、
    電撃を防いだり、飛ばしたコンクリートを斬り捨てたり、大量の空き缶をグラヴィトン爆弾にしたりと自在に能力を操る木山に美琴も苦戦。
    しかし、油断させた所に抱きついてゼロ距離で電流を流し込む事で、何とか美琴が勝利を収めたのでした。
    流石に幻想殺しの能力までは持っていませんでしたね。まあ幻想殺しとはそれだけ特殊な力だという事ですけど。

    さて、学園都市の生徒達が日常的に受けている能力開発は人道的なものなのか
    という問いかけがありましたが、上層部が能力開発に関する重大な秘密を隠している以上、
    ある意味開発を受ける生徒達は皆人体実験させられているようなものじゃないですかね?
    そして、木山が過去に関わった研究でも、その開発の犠牲になった子供達がいたのですね…(-_-;)

    木山の体内に電流を流した事で、直接流れ込んできた木山の記憶。
    かつて木山は研究の一環として、チャイルドエラーと呼ばれる捨てられた子供達の担任の教師になっていたのでした。
    子供が苦手で嫌いだった木山が少しずつ打ち解けていく様子が丁寧に描かれていて良かったです。
    この頃から脱ぎ女でしたが、虫に怯えたりとか、食べ物の好き嫌いがあったりとか
    充分に萌えキャラだったんじゃないですか(´∀`*)
    あと風呂に入れてあげた女の子、カチューシャだけでなく声まで律っちゃんじゃないですかw

    その律っちゃん、「この街の役に立てるようになりたい」と言っていたのに、
    おそらく全く予期していなかっただろう悲しい形で"役に立つ"事になってしまって…(´Д⊂)
    暴走能力の解析用誘爆実験だとかで、木山は始めから騙されていたと。
    ずっと眠り続けている、つまりまだ助かる可能性はあるという事だけがせめてもの救いですね。
    しかし、子供達の回復手段と事故の原因を探る為のツリーダイヤグラム使用申請は
    23回行って全て却下された
    という…
    この街のトップである統括理事会公認の人体実験だったのですね。

    この街の全てを敵に回してでも子供達を救う」という想いによる行動だとしても、
    結果としてその子供達と同様に多くの人々を昏睡状態に陥らせてしまったという、
    何ともやりきれない皮肉な話ですね(-_-;)
    他に取り得た手段は無く、「何が分かる」と言われて容易にその想いを推測出来るものでもないでしょう。
    しかし美琴達の側も大事な友人を昏睡させられて、その行為を到底受け入れられる訳も無く。


    一方が分かり易い悪役である王道的勧善懲悪ものも良いですが、今回のように
    互いに譲れないものを抱えている者同士のぶつかり合う展開はかなり燃えますね。
    多くの人を巻き込んでしまった以上、罪は罪として裁かれるべきだとはいえ、
    木山の想いも何とか報われて欲しいものです。

    で、最後に何かネットワークの暴走の副産物らしい胎児のような怪物が現れましたが、
    次回はそれと戦う事になる訳ですね? どうなる事やら(^-^;)

    あと、木山が関わらされた実験の首謀者である老科学者、
    どうやら禁書本編に登場するマッド科学者・木原の父親だそうで。
    親子2代で外道な奴でしたか(´д`;)


    良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント















     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
     
    http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/tb.php/106-3bffbec1
    検索フォーム
    FC2カウンター
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    アニメ・コミック
    2388位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    アニメ
    1023位
    アクセスランキングを見る>>
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。