無常の流れ 新館

    アニメ感想記事では境界線上のホライゾンを中心に、その他はアニメ・漫画・ラノベ・ゲーム関連のネタ等を気が向いた時にやっていければ良いかなと思います。
     
     
    プロフィール

    落武者A

    Author:落武者A
    神のみぞ知るセカイⅡ最終話より、数々のパロネタの中から選んでみました。正確には「時をかけられる少女」だそうで。ゲームに限らずアニメでも、好きなヒロインには時間も金もかけられるという事という事ですねw ただ私はキャラグッズに手を出す事はほとんど無いのですが…

    フリーエリア
    mail (◇を半角@に直して下さい) mjoungr2.ochimusha◇gmail.com

    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    相互リンクについて

    アニプレッション

    同人誌『アニプレッションVOL.4』
    anipression-vol1

    Twitter : ochimusha_A
    最新コメント
    最新トラックバック

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    うみねこのなく頃に25話 EpisodeIV-VII 

    うみねこは次回で最終回になる訳ですが、それなのに1998年の六軒島で丸ごと1話使ってしまうのは幾らなんでもペース配分間違ってるんじゃないかと言いたいですね(-_-;)
    リンチされる場面とか、そんな時間取らなくていいだろうと。
    まあでも充分尺取っただけあって、この回だけで見ると結構丁寧に作りこまれていたように思いました。その代わり最終回が相当苦しい事になりそうですけど…
    やはり4エピソードを2クールでやるのが厳しかったんでしょうね。もっと尺があれば細かい描写も出来て評価も大分変わっていたかも知れないですね… でも流石に3クールは無理ですかね。

    六軒島へ向かう船内での船長の話によると、六軒島には隠れたもう一つの船着場があり、
    その存在を知っていたのは金蔵と源次、南條、熊沢と船長のみで、金蔵の子や孫達は知らなかった
    という。
    また、九羽鳥庵にベアトリーチェと思われる女性が住んでおり、昭和43年頃に死亡したという事も船長の証言ではっきりしました。
    昭和43(1968)年というと、丁度戦人が生まれた年になりますね。
    九羽鳥庵のベアトに関しては、ep3での楼座の回想でも語られ、赤字で1967年に人間としてのベアトが存在したと明言されていました。ただこれだと1年ずれているのが気になりますね。
    実際にベアトが死亡したのは1968年だったとか?

    屋敷と九羽鳥庵の間は直線距離でも2kmはあり、台風の中で九羽鳥庵まで辿り着いたとするなら地下通路を通って行った可能性が高そうですね。
    前回蔵臼達が通ってきた通路はやはり九羽鳥庵へ繋がっていたのでしょうか。

    umineko25-01今や縁寿ははっきりと理解していました。
    魔法は「愛が無ければ視えない」と。
    真里亞の魔法は最初は優しい"白き魔法"。それが徐々に歪んだ"黒き魔法"へと変わってしまったのは、自分が真里亞を傷つけてしまったから。
    だから自分が真里亞を元の白き無垢な魔女に戻してあげる。それがこの旅の目的となっていたのでした。

    しかしそこで待ち受けていたのは、須磨寺霞とその取り巻き達。
    霞は姉の霧江が留弗夫とくっついて逃げたせいで須磨寺家を継がされ、好きでもない男と結婚されられた等で霧江を憎んでおり、その娘の縁寿にも矛先を向けてきた訳ですが、
    縁寿にとってはとんだとばっちりですよねぇ(-_-;) 大の男が寄ってたかって少女1人をボコるなよと言いたくなりますよ。

    縁寿と霞の辿った人生は良く似ている。それは絵羽や楼座も同じ。
    右代宮家の重圧を絵羽は縁寿へ、あるいは楼座へ押し付け、更に楼座は真里亞へと苦しみを押し付けていった。
    しかし真里亞の白き魔法は誰にも苦しみをぶつける事は無く、その連鎖を断ち切った
    この事に気付いた時、憎悪の対象でしかなかった絵羽を理解出来るように変わったのでした。
    同じ痛みを共有する者として、自分だけは絵羽の味方になるべきだったのでは?」
    "白き魔法"にもっと早く気付けたなら、絵羽と和解出来たのかも…

    umineko25-02そこに現れた、エヴァ・ベアトリーチェ。
    このエヴァは正に"黒き魔女"の象徴と言うべき存在でしょう。



    umineko25-03霞を煽るエヴァが霞達に見えている訳では無さそうですが(^_^;)
    真里亞の日記を破いてしまうのは陰湿極まりないやり方だよなぁ…


    魔法をどれだけ否定されようとも、信じる者にとっては魔法は存在する

    umineko25-04縁寿は煉獄の七姉妹を召喚。
    縁寿を撃とうとした男達は逆に次々と葬られていく。
    クラスメートに虐められていた時とは違う、
    今こそ真里亞の魔法の世界を守る時であると…

    umineko25-05霞も倒れ、残されたエヴァは絵羽の姿に変化。
    しかし、マモンによって絵羽の銃は暴発し、白と黒の魔法による決着が付いたのでした。


    さて、この須磨寺一味殺害をどう解釈するかが問題となる訳ですが、
    やはり可能性が高いのは、隠れていた天草による狙撃でしょうね。伏線らしきものが何も無かったのが気懸かりですが。
    縁寿自身が銃を持っていたとしても、最初の1人を撃った所で他の男達に集中砲火浴びそうなので、どこから撃ってくるのか分からず右往左往している所を各個撃破されたのかなと思います。
    最後の絵羽は、おそらく幻影ではないかなと思うのですが、縁寿が「貴女は生身の人間」と言っていたのが気になります。他に人間は天草くらいしかいませんし… 一応船長もいますが(^_^;)

    最初に出会ったビルの屋上にて、再びベルンと対峙する縁寿。今や縁寿はマリアージュ・ソルシエールの魔法を継承し、ベアトの世界を切り裂く唯一の存在である…
    貴女は私に、家族の取り戻し方を結局は教えてくれた」この台詞は魔法を理解した事で、"愛があるから視えるようになった"ものを指しているのかも知れませんね。


    今回の白と黒の魔法の話によって、魔法の真実に少し近づけたのではないかなと思います。これからベアトの魔法に対抗する上での手助けとなるでしょうか?
    …でもやっぱりこの話に尺取り過ぎてしまったのは、最終回に向けてかなり不安に感じますね。最終回1つ前で戦人もベアトも登場しないという(^_^;)
    それに充分時間あったのに、七姉妹がほとんどしゃべらないまま終わってしまった(´・ω・`)
    マモンは縁寿の一番の親友という立場で出番多めでしたが、見せ場は今回の絵羽を仕留めた所しか無かったですね…

    何にしても次回が最終回。戦人とベアトの対決に決着は付くのか? 縁寿はどう関わるのか?
    怒涛の展開、相当に密度の濃い内容となりそうですが、どのようにまとめるんでしょう?
    せめて最後は素晴らしい演出であって欲しいと願いたいものです。
    …web配信でいいから27話までやってくれませんかね? まあ無理ですかね。


    次回予告。最後は真面目な予告となりました。やれば出来るじゃないですかw
    BGMがとても良いので是非視聴してみるべきだと思います。
    でもやっぱり、夏妃さんの予告もやって欲しかった…
    うみねこ劇場(仮) 第26話「Episode IV - VIII sacrifice」予告



    良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント















     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
     
    http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/tb.php/104-ba51de44
    検索フォーム
    FC2カウンター
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    アニメ・コミック
    2348位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    アニメ
    1002位
    アクセスランキングを見る>>
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。