無常の流れ 新館

    アニメ感想記事では境界線上のホライゾンを中心に、その他はアニメ・漫画・ラノベ・ゲーム関連のネタ等を気が向いた時にやっていければ良いかなと思います。
     
     
    プロフィール

    落武者A

    Author:落武者A
    神のみぞ知るセカイⅡ最終話より、数々のパロネタの中から選んでみました。正確には「時をかけられる少女」だそうで。ゲームに限らずアニメでも、好きなヒロインには時間も金もかけられるという事という事ですねw ただ私はキャラグッズに手を出す事はほとんど無いのですが…

    フリーエリア
    mail (◇を半角@に直して下さい) mjoungr2.ochimusha◇gmail.com

    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    相互リンクについて

    アニプレッション

    同人誌『アニプレッションVOL.4』
    anipression-vol1

    Twitter : ochimusha_A
    最新コメント
    最新トラックバック

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    とある科学の超電磁砲12話 『AIMバースト』 

    超電磁砲の12話、いつもより遅れましたが…
    レベル5の美琴の言葉は能力を持たない者には受け入れられないのでしょうか
    確かに美琴はレベル1から努力を重ねてレベル5に到達しました。一方今回レベルアッパーに手を出した者達の多くはレベル1すら無い、能力はほとんど無いと宣告されてしまっており、
    努力の問題ではなくどうにもならない壁が存在しているのもまた事実でしょう。
    そんな中でのレベル5の超能力者とは、ある者にとっては憧れの存在であっても、別の者にとっては嫉妬や憎悪の対象でしかなかったりすると。

    今回の記事を書く前に幾つかのブログを巡回しましたが、その中に
    100M9秒台のトップアスリートに幾ら努力しろと言われたって、一般には11秒台がやっとだし、そもそも日本人はまだ誰も9秒台に到達していないじゃないか」という意見があり、中々上手い例えだなと思いました。
    野球やサッカーのプロ選手が子供達に直接指導教室を開く事がありますが、指導を受けた子供達がプロになれるかといえば、実際にはそんな事は滅多に無いでしょうね。

    では、一流の能力を持つ人物の言葉は、能力を持たない人々にとっては何の意味も為さないものなのでしょうか
    まあ結局は、その言葉が届かない人もいれば、届く人もいるのでしょう。
    確かに「どうせ能力の無い側の気持ちは能力がある者には分からない」と聞く耳を持たなくなってしまう事もあるでしょうけど…

    この作品においては、学園都市だけに存在する"能力"のレベルによって立場が明確に区別されるという特殊な状況にある為、能力の有無の差が絶対的な立場の壁となってしまい、
    能力が無いと判断された事に絶望して努力する意欲を失ってしまう者も多いのでしょう。
    学園都市が治安が悪いのも、そこに原因がありそうですね。

    しかしだからといって、無能力者が皆絶望し切っている訳ではないでしょうから、
    今回の美琴の言葉もきっと届いていると願いたいですね。
    美琴は「レベルなんてどうでもいい」と無神経な発言をしてしまったと反省し、その上で「もう一度頑張ってみよう」という言葉に繋がるんですね。
    この"レベルアッパー編"で美琴は無能力者達の"声無き声"に少しでも近づけたのではないかと思います。一方で、佐天は能力に憧れ、レベルアッパーに手を出してしまう無能力者の代表として描写されていました。
    今後はオリジナル展開になるという事ですが、超能力者を主人公に据えた作品で無能力者達の想いをテーマに描いたという事で、このテーマが今後の展開にも重要な要素となるのかなと思います。
    美琴と佐天には、レベルの差を超えて理解し合えるようになって欲しいですね。


    今回はここまで自分の書きたい事が全然まとまらなかった…orz 本来なら今回の話は怪物と戦った美琴さんカッコいいー! って流れになるはずだったのに。
    後は簡単にまとめたいと思います。

    美琴もカッコ良かったけど、初春もレベルアッパーの暴走を鎮めるという大きな仕事をしてみせてくれました。佐天達昏睡患者が回復したのは初春の功績でしょう。
    まあ意識をとりもどした佐天に早速スカートめくられてましたけどw
    事件も一件落着したという事で黒子の変態っぷりも復活w  美琴は力を使い果たして反撃出来ず…と思ったら最後には電撃食らってましたね(´∀`;)
    木山は拘束されましたがまだ諦めず、次も手段は選ばないそうで。まあ手段はともかく、教え子達は無事に意識を取り戻して欲しいです。
    アンチスキルの黄泉川先生もそこそこ出番が会って良かったですね。

    バトルのクライマックスでOP曲を流したり、EDで英語アレンジ版のも良かったです。
    良い最終回だった… って第1クールが終わっただけでまだ続きますがw

    後は一瞬だけですが禁書本編の『アイテム』のメンバーがさりげなく映ってましたね。
    しかし彼女達の登場は禁書の2期があっても厳しいだろうなぁ…

    そしてオリジナルキャラっぽい女科学者らしき人物は第2クールの重要人物なんですかね?

    次回は水着回になるようで。タイトル長過ぎ吹いたw


    良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント















     管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
     
    http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/tb.php/102-e210ffb7
    検索フォーム
    FC2カウンター
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    アニメ・コミック
    2388位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    アニメ
    1023位
    アクセスランキングを見る>>
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。