FC2ブログ
     

    無常の流れ 新館

    アニメ感想記事では境界線上のホライゾンを中心に、その他はアニメ・漫画・ラノベ・ゲーム関連のネタ等を気が向いた時にやっていければ良いかなと思います。
     
     
    プロフィール

    落武者A

    Author:落武者A
    神のみぞ知るセカイⅡ最終話より、数々のパロネタの中から選んでみました。正確には「時をかけられる少女」だそうで。ゲームに限らずアニメでも、好きなヒロインには時間も金もかけられるという事という事ですねw ただ私はキャラグッズに手を出す事はほとんど無いのですが…

    フリーエリア
    mail (◇を半角@に直して下さい) mjoungr2.ochimusha◇gmail.com

    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    相互リンクについて

    アニプレッション

    同人誌『アニプレッションVOL.4』
    anipression-vol1

    Twitter : ochimusha_A
    最新コメント
    最新トラックバック

    デュラララ!! 3話 『跳梁跋扈』 

    デュラララの第3話は、"敵に回してはいけない"男に一度に2人も出会ってしまったと言う話。
    規格外の者達が跋扈する街で、帝人はどんな世界に巻き込まれていくのでしょう?

    帝人がクラス委員に立候補したのは、池袋に来て自分を変えたかったという思いもあるでしょうが、杏里の事が気になったという理由も強いように見えましたね。
    杏里が帝人の方を見ているようだったのは帝人ではなく後ろの空席を気にしていたようですが。
    そして杏里は男性教師が近づいてくると逃げてしまいましたが、杏里も厄介な事情を抱えているのでしょうか?

    "敵に回してはいけない"男、折原臨也平和島静雄
    杏里が不良に絡まれている所に割って入って、笑顔で携帯を踏みつけるとは何という狂気…
    一瞬でチンピラ男の頭を剃ってしまう程にナイフの扱いにも長けているようで。
    そんな折原は人に会いに来たと言いつつ、帝人を見て「もう会えた」と。
    どういう訳か、帝人が目的だったのでしょうか?
    そうなると、チャットでやり取りしていた相手の内の誰かが折原だったのですかね? 前回の莉緒の件でも出会う前にメールでのやり取りがありましたし。
    次のターゲットとして目をつけられたとなると、かなり危険な予感がしますね…
    一方の平和島静雄はコンビニのゴミ箱や自販機を軽々と投げ飛ばす上に、暴力が服を着ているような危険人物。"平和島静雄"という名前がこれほど似合わないとはw
    彼もまた首なしライダーと知り合いのようで。少しづつ登場人物の繋がりが見えてきましたね。
    あとかなり深い因縁がありそうなのに「静ちゃん」「臨也くん」と呼び合ってるのねw

    今回はサイモンがナレーションを担当し、チャットを読み上げるのもサイモンの声でしたが、
    彼もまたビルの最上階から飛び降りて自販機を受け止める等、只者では無さそうですね。
    常識外れの者が多いですが、そんな中で帝人は何の役割を果たす事になるのか…
    そして矢霧は首に傷のある少女に対して「見つけた、俺の愛」とか言っていて、彼もある意味危ない方向に行ってしまっているようですがw

    帝人は杏里の手を引いて逃げ出したけれど、途中で杏里の方が先導する形に。帝人体力無いなw
    公園まで逃げてきて、何か言おうとした所で走り去られてしまう。「何も始まらない事もある」ナレーションに吹いたw
    まあ、一緒にクラス委員になったのだから、今後も機会はあるでしょう。


    この街は異邦人で溢れている。何かを探し、何かを求め、この街にやってくる
    帝人を始め、多くの人々が様々な目的でこの街にやってきて、それらが複雑に絡み合って引き起こされる出来事がこの作品で主に描かれるテーマであるようですね。
    しかし今回ナレーションではこんな事も言っていましたが。
    そう簡単に変化など起こりはしない。そこにいるのは昔のままの自分だ
    …ごもっともですね、簡単に変われたら苦労はしないですよ…

    次回は岸谷新羅の登場のようで。折原・平和島の2人と同級生との事で、彼もまた癖のある人物なんでしょうね。


    良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    バカとテストと召喚獣3話 『食費とデートとスタンガン』 

    バカテスは原作は短編の一部を除いて一通り読み終わりました。Fクラスの面々を中心に繰り広げられるバカっぷりに爆笑させてもらいましたよw
    一方アニメは今回の第3話はアニメオリジナルのようで。前回の映画やクレープ食べに行こうという話が今回実現した訳ですが…
    今回は久保と美春の為の回だったような気がしますね。翔子も今回は勝ち組ですね。
    3話目にして他クラスに良い所持っていかれてますが、Fクラスはそれでいいのか?

    まずは映画を見に来た姫路さんと美波と明久、そして雄二と翔子。
    手枷をはめられスタンガンを食らわされ、翔子に逆らえない雄二。そしてそれを目を輝かせて見つめる女子2名
    2人共、それを明久相手にやりたいという願望があるのか!? そして明久は食費以前に体の心配をしないと…w

    朝の通学路をパンを食べながら走っていて女の子とぶつかる、というのはベタな展開ですが、
    しかしそれを男同士でやるとは… しかも相手の久保は既に顔を赤くしている…
    この久保に関しては明久の何処に惚れる要素があったのか問い詰めたいような、やはり聞きたくないような複雑な気分ですね…

    明久は姫路さんが持っている手紙を雄二に宛てたものだと思い込んだまま。
    好きな席に座って良い教室で自分の隣に座っているのにその気持ちに気付かないのもバカである故の事w 食費を考えずに500円の秀吉の写真を買ってしまうのもバカ故に…
    写真集にはまさか秀吉の写真だけという事は無いですよね…? 女の子の写真もあるものだと思いたい。

    週末、改めて映画とクレープ食べに付き合わされる事になった明久。
    これってデートなんじゃないか? と気付くも、姫路さんの手にはまた例の手紙。1人勝手に落ち込むw
    折角姫路さんも美波も私服姿が可愛いのに素直に楽しめないのが勿体無い。自主トレと称してムッツリーニが写真を撮りに来る位だというのにw
    そしてまたも翔子のスタンガンを食らう雄二と憧れの眼差しで見つめる2人。そろそろ本気で心配した方がいいのかも…?

    クレープを食べ切れないから少し食べて欲しいという2人。唇のアップがエロい…
    これで間接キスか…? と思いきやそう上手くいく訳ではなく、ここで美春の乱入。お姉様との間接キスなど許しませんと…
    美春から逃げる最中に秀吉と遭遇し、渡された変装用衣装はどう見てもフリフリの女物でした… 流石秀吉というか何故に秀吉も着るのかw

    学園では召喚獣が使えると言う事で、召喚獣を呼び出して迎え撃つ。"模擬試召戦争"開始!
    しかし教科は現国、美波は16点… 幾ら数学がBクラス並でも今回は致命的な戦力外。明久でも60点台だというのにw
    案の定美波だけ瞬殺、美春は姫路さんに倒されて、仲良く補習送りになりましたとさ… 結局美春1人が得してるじゃないかとw 補習だけで済むのだろうか?

    姫路さんと明久は小学生の頃からの幼馴染でした。実はその頃からずっと明久の事を見ていたのかも知れませんね。
    夕焼けの中で2人きりという絶好のシチュエーションなのに、未だ女装のままで台無しw
    例の手紙は今回は不幸の手紙という事で誤魔化されましたが、いつか手渡される時が来るのでしょうか…?
    今はまだ更に一歩踏み込む勇気が無いか、このままで満足しているのかも知れませんけれど。
    最後は久保からのラブレター(女装写真付き)というオチ… まあ綺麗に終わらせてはくれないという事でw


    今回は明久が姫路さんと美波に振り回され、そこに美春や久保が絡むという構図でしたが、
    それでも今回の姫路さんはメインヒロインの本領発揮となりましたね。
    一方の美波の場合は美春という障害が付きまとう訳で。しかし美波のターンにも期待したいです。美波も想いの強さでは負けてはいないでしょうからね。
    あと秀吉は可愛さ担当というだけではない見せ場があって欲しいですね…
    他にもFクラスのバカ達によるバカ騒ぎを多くやって欲しいです。バカ騒ぎこそこの作品のメインだと思いますのでw

    次回はどうやらお弁当の話。お弁当と言えばやはりこれも姫路さんのターンだなぁ…


    良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 3話 『隊ノ一日・梨旺走ル』 

    ソラノヲト第3話は、カナタが高熱を出して寝込んでしまい、リオ先輩が看病の為に奔走するといった話でした。

    冒頭でカナタが故郷の郷土料理として和食を出していましたが、小隊のメンバーには味噌汁は馴染みが無かったようで。
    味噌の事を「"ソイ"と同じような作り方」と言っていましたが、ソイとはsoyで醤油の事、つまり大豆から作られる調味料は使われているのですかね。それが日本文化が比較的色濃く残っている地域では味噌を作るようになっている、という事でしょうか。

    何故軍隊に入ったのか」の問いに対して、「楽器がタダで習える」からだと答えたカナタ。
    リオの「明確な目的がある人間は何となくの奴より長持ちする」との台詞、それとリオはカナタの逆だと言った事から、リオの場合は楽器が目的ではなく、既に楽器の演奏を習っていて、その演奏の腕前を生かせるのが軍隊しか無かったのではないでしょうか?

    カナタが高熱を出して倒れ込んだ時、リオはかなり慌てふためいていました
    どうやら過去に母親らしき女性が倒れた場面を思い出してしまったようですが、その時に何も出来なかった事がトラウマになっているのでしょうか?
    しかしこれだけパニックに陥ってしまうと、突発的な事態に上手く対処出来なくなるのではないかと心配になりますね…

    リオが助けを求めに向かった先は十字架がありどう見てもキリスト教の教会なのに、「八百万の幸」とか手を合わせてお辞儀といった神道の要素が組み合わさっていて、宗教でも東西の文化が混じり合っている面が見られました。
    修道女のユミナの服装も和洋折衷のように見えなくもない気がしますね。修道服を巫女服風にしたような感じですかね。
    リオが宗教を嫌う理由も、母親(?)が倒れた時の宗教関係者らしき男が関係しているようですね。その男が関わっても結局女性は助からず、不信を抱いたのでしょうか。

    "三日熱"は子供の病気とは言え大人でも極度に体力が落ちるとかかるそうで、それ程に小隊に加わってからのカナタは気を張っていたんでしょう。
    カナタは"味噌っかす"、足手まといだったと言いますが、その分迷惑をかけないようにしようという繊細な悩みを抱えていたようで、それだけ一生懸命だったという事ですね。

    カナタの思い出の曲『アメイジング・グレイス』はリオも鼻歌で歌っていて、それを何処で聞いたのかと言うと、"タケミカヅチ"にオーケストラバージョンで内臓されていたのでした。
    要らない音が無いように、部隊に要らない者は無い。リオの憧れの人の受け売りだとの事ですが、どうもその人はかつてカナタが見た喇叭吹きの女性と同一であるようで…
    意外な所で、カナタとリオに繋がりのある部分が見えてきましたね。
    悔しさや無力さ、守ってもらった嬉しさを覚えておけ。いつか守る立場になった時の糧になるから」良い事を言いますね。後にかなり重要な意味を持つ言葉であるような気がします。

    ところでタケミカヅチの内部現代の技術レベルから見ても超ハイテクで、未だに電源が機能しているのにも驚かされましたが、これをこの世界の文明レベルで修復させるのは相当に困難なのではないでしょうか?
    そしておそらくはこの戦車を起動させなければならない事態が訪れるかと予想されますが、その時その性能を充分に生かす事は可能であるのか気になりますね。


    次回はノエルがメインの担当になりますかね。この作品も次回予告は結構遊んでますねw


    良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    とある科学の超電磁砲15話 『スキルアウト』 

    超電磁砲は今回からアニメオリジナル展開となりましたが、その初回は無能力者の不良集団『スキルアウト』に関わる話となりました。
    レベルアッパー編に続いてこれも無能力者関連のストーリーとなる訳で、つまりこの作品はせっかく最上位の超能力者である美琴を主人公に据えておきながら、能力によるバトルがメインになる訳では無い、という事なのでしょうか。
    これでは超能力者としての設定を生かし切れない気がするのですが…

    まず気になったのが、美琴も黒子もスキルアウトに対して上から目線とも感じられる発言をしている点ですね。レベルアッパー編での反省があったはずなのに結局分かってないじゃないか、と要らぬ反感を買ってしまいそうで心配なのですが…
    佐天さんは違うよ」とは言ってるけど、黒子の「赤信号を1人で渡り切った~」というのはフォローになってない…
    後で佐天が「スキルアウトの気持ちも分かる」と発言していますが、スキルアウトが能力者に鬱憤晴らしをするのもレベルアッパーで能力を得ようとするのも、根底にあるのは能力者に対する劣等感や挫折感という事で共通しているんですね。
    だから同じ無能力者として佐天には気持ちが理解出来るけれども、美琴や黒子はまだそれが分かっていない、という事なのでしょうかね。

    スキルアウト達の溜まり場となっているのは通称ストレンジと呼ばれるスラム街でした。
    あれだけ科学が発達した学園都市でここまで酷い状況なのはわざとそのままにしているんでしょうね。不良集団を隔離する地区としているのでしょう。
    そして"キャパシティダウン"と呼ばれる能力を無効化する装置が与えられており、上位能力者である美琴や黒子でさえ能力がコントロール不能に陥りました。これらの非合法な武器を与えた者の目的はスキルアウトの反乱を煽り学園都市を混乱させる為なのか、あるいはそれすらも上層部の思惑に沿う事なのか…?
    少なくとも、OPに登場していた眼鏡の女科学者は関わっていそうですが。

    出来ればスキルアウトに関する話は早く終わらせて、上層部との直接対決に移って欲しいですね。美琴が能力を充分に発揮出来る展開を期待したいです。


    さて、美琴と黒子を救う事になった牛乳大好き男・黒妻ですが、どうやら固法先輩と深い因縁があるようで…
    だからといって、2人は恋人同士だったと決め付けてしまうのはよろしくないのではないかなと思うのですがね(-_-;)
    というか個人的に、真面目な女の子がアウトロー男と付き合っていたというのは面白くないのですよ(´・ω・`)w
    まあそれはともかく、結局牛乳には豊胸効果はあるのでしょうか

    今回から新規OP・EDに変わりましたが、OPの映像は主要キャラが皆一通り目立っている場面があって、かなり格好良いですね。
    曲は旧OPの『only my railgun』が凄く良かったのでそれと比較してしまうのは良くないのかなw でも良い曲だとは思いますよ(^-^)


    良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    デュラララ!! 2話 『一虚一実』 

    デュラララは原作の1巻は買ってみたけどまだ読んでません… この作品に関してはしばらくは様子見で原作は敢えて読まないでおいた方がいいのかなと思ったり。
    首なしライダーの正体は気になるんですがね(^_^;)

    2話目にして帝人や正臣がほとんど話に関わらなくなり、単なるゲストキャラと思われる少女を中心に描写されていましたが、今後もこのような第三者の視点からメインキャラそれぞれの描写をしていくという形式になるのでしょうか?
    今回の莉緒という少女は公式サイトの人物紹介に名前が無かったのでメインキャラではなさそうですね。莉緒が今後もそれなりに重要な立場で登場するならば良いのですが、今後登場するかも分からないならば何故ゲストキャラの内面の描写にわざわざ尺を割いたのかという疑問を感じました。
    折原臨也という人物に焦点を当てるのであれば、彼自身のエピソードを描いて掘り下げる方がキャラを理解し易いのではないかなと思うのですが。
    原作でもそういう形式で描かれているのかも知れませんが、小説とは違ってアニメの限られた尺の中でこのような構成にしたという事はストーリー上でもそれなりの意味があるのですかね?
    それとも、逆に各エピソードでのゲストキャラこそがメインであって、主要な登場人物達はあくまでもメインとなる人物の引き立て役でしかないのでしょうか?

    折原臨也は人間の内面の観察が好きなようで、莉緒個人を気に入ったのではなかったと

    莉緒の行動は折原の予測通りだった訳ですが、後で莉緒が飛び降りた事でさえも予測の範囲内だったのですかね?
    そして飛び降りた莉緒を助けた首なしライダー。どうやって助けられたのかも気になる所ですが、正体を隠す為なのか携帯の画面を使って会話をしていたのが面白いですねw
    あなたが考えているほど、世界はひどくないから」カッコ良いじゃないですか。

    ヒロインらしき園原杏里は初日だけで学校にはもう来ないという矢霧を追いかけていて、帝人とはまともに挨拶も交わしてませんでしたが、彼女はどういう立ち位置なんでしょう?
    というか、主人公のはずの帝人が他のキャラにどういう形で絡んでいくのかがまだ見えてこないですからねぇ(^_^;) まあ色々な事件に巻き込まれていくのかな?


    良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    カレンダー
    12 | 2010/01 | 02
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    最新記事
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    アニメ・コミック
    1176位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    アニメ
    538位
    アクセスランキングを見る>>
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR