無常の流れ 新館

    アニメ感想記事では境界線上のホライゾンを中心に、その他はアニメ・漫画・ラノベ・ゲーム関連のネタ等を気が向いた時にやっていければ良いかなと思います。
     
     
    プロフィール

    落武者A

    Author:落武者A
    神のみぞ知るセカイⅡ最終話より、数々のパロネタの中から選んでみました。正確には「時をかけられる少女」だそうで。ゲームに限らずアニメでも、好きなヒロインには時間も金もかけられるという事という事ですねw ただ私はキャラグッズに手を出す事はほとんど無いのですが…

    フリーエリア
    mail (◇を半角@に直して下さい) mjoungr2.ochimusha◇gmail.com

    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    相互リンクについて

    アニプレッション

    同人誌『アニプレッションVOL.4』
    anipression-vol1

    Twitter : ochimusha_A
    最新コメント
    最新トラックバック

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    10月からの当ブログに関して・うみねこパロ動画 

    10月からのこのブログに関してですが、
    化物語のTV放送は9月で終了なので、10月からの新番組は
    とある科学の超電磁砲』を取り扱います。
    『とある魔術の禁書目録』のスピンオフで、本編が魔術を取り扱うのに対して
    こちらは科学サイド側が舞台になりますね。

    とある科学の超電磁砲 公式サイト

    原作は4巻が10/27発売のようですね。
    今の所コミック3巻までしかないので1クール分もつのかなと心配だったのですが、
    どうやらオリジナルストーリーを入れてくるという話を聞いています。

    ちなみに自分は原作は1・2巻は実家で読んだきりで今手元に無いので、
    内容を良く覚えていない部分があるかも知れません(^_^;)
    3巻は自分で買ってあるんですけどね。

    放送時間は、テレ玉だと10/3(土)25:30~。
    当ブログでは日曜に感想記事を書く事になりそうです。
    しかし最速だとTOKYO MXが毎週金曜なんですね…(>_<) 結局1日遅れ。
    MXはうちでも見られたかな…?
    まあどっちにしても、うみねこの感想が土曜にずれ込む事が多いのでどっちにしろ同じか(^_^;)

    ついでに『禁書目録』本編の方も調べてみた所、
    どうやら11月発売の最新19巻は久々にこちらでも科学サイドの話のようなので、
    こちらも楽しみです(^-^)


    さて、全く関係無くてすみませんが動画紹介を一つ。
    うみねこアニメのけいおんOPパロ動画ですが… 何故この人選にしたのかww
    「うみねこ!」OP
    スポンサーサイト

    化物語12話 『つばさキャット』其ノ貮 

    いい最終回だった… ってまだネット配信がありますけどね(^_^;)
    TV最後の回くらいは月曜の内に更新したかったのに、結局昨日は寝てしまってやっぱり火曜の夜になってしまいましたが(>_<)

    『つばさキャット』なのに羽川さんは出られませんでしたが、ネット配信の3話は確実にメインになるので、
    TV最終回はひたぎさんで締めるという形で良いでしょう。
    一応阿良々木さんの彼女なのにここ3週程ひたぎさんの出番ほとんどありませんでしたからねw

    付き合い始めてから大して恋人らしい事もしていなかった所に、突然の「デートをします」宣言。
    思わず玉子焼きを落としたりするも、待ち焦がれていたデートに雄叫びをあげる阿良々木さんですが、
    やはりひたぎさんは一筋縄ではいかない訳で…

    初めてのデートにして父親同伴。 これはキツイ…w(´∀`;)
    "人"に"儚い"と書いてアララギと読んだりゴミ呼ばわりしたりと、阿良々木さんを振り回す事にかけては
    相変わらず絶好調の様子w
    「戦場ヶ原」と呼ばれたら父親に話を振って「ひたぎさん」と呼ばせようとする辺りは、実は名前で呼んで欲しかった考えると中々萌え…いやこの場合は蕩れと言うべきか。
    更に阿良々木さんの太腿の辺りを撫でたり耳を噛んだり… 厳格そうな父親が傍にいる状況でここまでされてしまってはかなり精神的に参ってしまいそうですな…(ノ∀`;)

    目的地に到着後、準備があるからと父親と2人きりにされてしまった阿良々木さんですが、
    「必要なそこに居てくれたという事実は、ただそれだけの事で、何にもまして有難いものだ」
    という言葉から、どうやら父親もひたぎさんの事で阿良々木さんには感謝していたようです。
    自分は娘の傍にいてやれなかったから、支えてくれた阿良々木さんを信頼出来るという事でしょうかね。
    思わぬ形で父親公認となりましたw

    そしてその後、手を繋いでいると思ったら頭を押さえつけられていましたが、
    連れて来られた所は、満点の星空の下。
    デネブ・アルタイル・ヴェガ夏の大三角、これはED曲の歌詞と被せられていて、上手いなぁと思いましたね。
    この星空がひたぎさんにとって大切な家族の思い出であり、そしてこれで今あげられるものは全部だと言います。
    全てを差し出す、つまり全力で気持ちをぶつけてきている訳で…
    その上で「キスをしましょう」の一言。顔を赤く染めて、最後に最高のデレを見せてくれました(´∀`*)

    ツンデレというか相当にひねくれた感じのツンっぷりを見せてくれたひたぎさんでしたが、
    その分デレた時の威力もかなりのものですね(^-^*)
    ひたぎさんとの出逢いから始まった、この『化物語』の締めくくりに相応しい展開だったように思いました。

    まあ、後残っている3回分は、羽川さんの話になる訳ですが(^_^;)
    それは後のネット配信に期待しましょうw
    取りあえずは、TV放送分の一区切りという事ですね。


    良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    うみねこ13話 EpisodeIII-II 七姉妹・お師匠様登場 

    うみねこep3の第2話は、少女時代楼座七姉妹勢揃い、そして熊沢シールドお師匠様登場と、
    2話目にしてかなり見所満載のネタ詰め込んで来ていますね(^_^;)
    せっかくなので今回は久々に画像を用意してみました。
    umineko13-01少女時代の楼座。ツインテールだったんですね(´∀`*)




    umineko13-02umineko13-03七姉妹の長女・ルシファー。胸を破られたり地面に這いつくばったり、かなりサービスしてくれました(^-^*)


    umineko13-04そして熊沢の婆さんのシールド!!





    さて、本編の内容に移ります。
    まずは楼座の過去、人間のベアトリーチェが存在したという話ですが、
    六軒島の中には九羽鳥庵(くわどりあん)という隠し屋敷が実在し、
    1967年の六件島の隠し屋敷に人間としてのベアトリーチェは存在した。
    という事が真実として宣言されているので、ここで楼座が出会った人物がベアトリーチェと名乗っており、
    金蔵に屋敷内に閉じ込められていたという事は事実として考えていいでしょう。
    このベアトリーチェが金蔵や親族達とどのような関係にあるのかも気になる所ですね。

    その後、彼女は崖から転落してしまうのですが、
    ここでも間違いなく死んでいる、そして六件島に19人以上は存在しないと宣言されました。
    これで事件の犯人が親族達18人の中にいる可能性が高くなりましたが、
    もしかしたら、ベアトリーチェを名乗る人物は他にもいて、18人の中に紛れ込んでいるのかもしれません。
    また、死亡したベアトリーチェの魂が魔女としての記憶を取り戻す、という描写がありますが、
    この件が後に起こる事件の要因の1つになっているのでしょうか?

    続いては第一の晩、源次・紗音・嘉音が金蔵の書斎に呼ばれ、そこでまずは金蔵が丸焼けに。
    ep2では山羊に食われ、ep1と今回は黒焦げと、さりげに金蔵が1番悲惨な目に遭っているような…(>_<;)
    第一の晩の生贄に選ばれたと告げられ、源次と紗音は家具として達観していますが嘉音は反発。
    そこでベアトが嘉音に、煉獄の七姉妹に勝てたら生贄を逃れる5人を好きに選ばせてやると提案し、
    まずは姉妹の長女・"傲慢"のルシファーと対決。
    "傲慢"なだけあって驕りがあったのか、見事嘉音はルシファーに勝利。さらに胸を露出させてくれました(´∀`*)
    まあルシファー姉様は長女なのに姉妹で最弱なんですよね…(ノ∀`)

    そして残りの6姉妹が全員登場。これで七姉妹が勢揃いしました。
    ちなみに原作だと、姉妹達が不甲斐無いルシファーを言葉責めする場面があったんですが、これがカットだったのが惜しかった…
    7人揃ってしまっては紗音のシールドでも防ぎ切れず、最後は源次が2人を"やさしく眠らせる"事に。
    この場面ですが、実際には源次が紗音・嘉音を殺害したという暗示なのかも知れませんね。

    次のターゲットは郷田。ep2の活躍とは打って変わってあっさりと退場になってしまいました。
    鍋から7人分の腕が伸びてくるのもかなりシュールですな(´д`;)

    最後に狙われたのは熊沢の婆さんでしたが…
    何と熊沢さんもシールドで杭の攻撃を防ぐ!!
    そして現れたベアトやロノウェ、姉妹達の前で、熊沢は正体を現す…
    そこに現れたのはベアトのお師匠様・先代ベアトリーチェ卿でした。
    この場面、熊沢さんがお師匠様に変化したのは、お師匠様が熊沢さんと深く関係がある事を示しているのかも知れませんね。
    同様に、ロノウェは源次(苗字が呂ノ上)と関係があると考えられるでしょうか。

    次回は、下位世界ではベアトとお師匠様の魔法対決、
    一方の上位世界では第一の晩に関する推理対決になると思われます。
    予告を見る限り、魔法バトルは結構期待出来るかも?

    あと参考までに、ルシファー以外の七姉妹について紹介。
    umineko13-051枚目左から、
    五女・"強欲"のマモン
    三女・"憤怒"のサタン
    次女・"嫉妬"のレヴィアタン

    umineko13-062枚目、ルシファーを除いて左から、
    七女・"色欲"のアスモデウス
    六女・"暴食"のベルゼブブ
    四女・"怠惰"のベルフェゴール

    アニメだと展開が速いので、七姉妹も後どれだけ出番があるか分かりませんが…(^_^;)

    次回予告も上げておきます。
    うみねこのなく頃に 14話 予告


    良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    twitterまとめ機能を試してみる 

    化物語11話 『つばさキャット』其ノ壹 

    化物語はいよいよ羽川さん主役の話ですが、初回は主に過去に起こった事の回想でした。
    羽川の両親は本当の親ではなく、世間体を気にして羽川の面倒を見ているのであり、邪魔者扱いされている…
    日曜日は散歩の日」というのは、少しでも両親の元から離れていたいという気持ちの表れだった訳です。
    家族と一緒にいてもストレスが溜まる一方だというのは、精神的負担は相当なものになるでしょうね…
    何でもするから黙っていて欲しい、と阿良々木さんに頼みますが、
    これは言葉だけを受け取るならかなり魅力的なお願いなんですがね(^_^;)
    流石に事情が複雑であるだけに、阿良々木さんも自重しているようですが。

    場面は変わって、撫子が先日のお礼という事で阿良々木さんの高校を訪ねて来ました。
    神原さんに渡せなかったものを暦お兄ちゃんに頼もうかな、と手渡されたのは使用済のブルマスク水
    そして雄叫びをあげる変態が一人おりましたww
    しかし撫子は随分とマニアックなボケを振ってきますね(´∀`;)
    ビックリマンとかもう全然覚えてないですよ… ドラえもんの秘密道具もえらくマイナーなものだし。
    律儀に突っ込みを入れる阿良々木さんも相当なものですがw
    「欲しいところに欲しいツッコミを入れてくれるよね」って褒める所なのだろうかw

    しかし撫子は激しい人見知りで、羽川さんが来ると「ししししし失礼しますっっ!!」と一目散に逃げてしまい、
    後にはそのまま羽川さんと会話を続けるブルマ・スク水を握り締めたままの阿良々木さん
    一応真面目な会話なのに…(ノ∀`)

    会話の途中で突然、羽川は頭痛を訴えるのですが、
    これは以前ゴールデンウィークの時に羽川の身に起こった異変と同じもの。
    忍野によると"障り猫"の怪異であり、さしずめブラック羽川と例えられるとか(白いけど)。
    羽川は過度のストレスによって障り猫に憑かれ、人々を襲いエナジードレインによってストレスを解消するのだとか…
    これも家族関係によるストレスが過剰に負荷を加えていた事によるものなのでしょう。
    当時は忍が障り猫から逆にエネルギーを吸収することで一応は一段落したようですが、
    これが今になって再びぶり返してきたのでしょうか?
    それにしても、流石に猫だけあって「な」が「ニャ」になってしまうんですね(´∀`;)

    羽川の頭痛を心配する阿良々木さんと気を遣わせようとしたくない羽川さんのやり取りでしたが、
    最後はずっと握り締めていたブルマ・スク水に突っ込みが入って終了w
    今回はシリアスとギャグが絶妙なバランスでしたw

    さて次回はTV放送での最終回になるということで、残り3話はネット配信になるようです。
    ここの所メインヒロインであるはずのひたぎさんが登場しませんが、最終回ではきちんと締めてくれるでしょうか?
    ブラック羽川も再び現れるのですかね?


    良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    カレンダー
    08 | 2009/09 | 10
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -
    最新記事
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    アニメ・コミック
    1720位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    アニメ
    771位
    アクセスランキングを見る>>
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。