FC2ブログ
     

    無常の流れ 新館

    アニメ感想記事では境界線上のホライゾンを中心に、その他はアニメ・漫画・ラノベ・ゲーム関連のネタ等を気が向いた時にやっていければ良いかなと思います。
     
     
    プロフィール

    落武者A

    Author:落武者A
    神のみぞ知るセカイⅡ最終話より、数々のパロネタの中から選んでみました。正確には「時をかけられる少女」だそうで。ゲームに限らずアニメでも、好きなヒロインには時間も金もかけられるという事という事ですねw ただ私はキャラグッズに手を出す事はほとんど無いのですが…

    フリーエリア
    mail (◇を半角@に直して下さい) mjoungr2.ochimusha◇gmail.com

    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    相互リンクについて

    アニプレッション

    同人誌『アニプレッションVOL.4』
    anipression-vol1

    Twitter : ochimusha_A
    最新コメント
    最新トラックバック

    迷い猫オーバーラン! 8話 『迷い猫、抜いた』 

    迷い猫第8話ですが、私は『咲』を見ていないのでパロディだったとは知りませんでした
    久々に今回は楽しめた方かなと思ったのですが、そんなに『咲』そのまんまなのですか? 知らない方が幸いだったのですかね。

    続きを読む →

    迷い猫オーバーラン! 7話…じゃなくてロボットアニメだった件について 

    アニメ化って、原作を完全無視しても良いものなのでしょうか??
    迷い猫第7話を見るつもりが、1話丸々ロボットアニメになっていたのですが。

    何というか、これって原作を読んでしまった方が負け組なんですかね??

    続きを読む →

    迷い猫オーバーラン! 6話 『迷い猫、困った』 

    迷い猫の第6話は… 「困った」と言うけれど、感想書く方が困ったものですよと…orz

    何だか、アニメオリジナル回の監督は原作がどういう作品なのか理解していないのではないかと疑いたくなってしまいますね… わざとやっているならそれも性質が悪いのですけど。
    結局オリジナル回はそういうものだと割り切るしかないのでしょうか。

    続きを読む →

    迷い猫オーバーラン! 5話 『迷い猫、泣いた』 

    迷い猫第5話は、前回がぶっ飛んだカオスな内容に賛否が分かれたのに対し、今回はストーリー上の展開に評価が分かれそうな話となりました。
    ポイントは2点、まずは千世が自分の我がままでストレイキャッツを潰そうとした事、もう一つは結果的に巧が頭を下げる形になった事ですね。

    まず1点目。これは結局、千世が孤独なお嬢様であった事に起因している訳です。
    "お嬢様"である為に、自分と対等な立場で一緒に遊べる友人は得られなかった。そして仲間と一緒にいられる場所が欲しくても、世間知らずでいかにも大富豪らしい金での解決方法しか思い付けなかった。しかし決して悪気があったのではなく、あくまで純粋に巧達と一緒に遊びたかっただけなんですよね。
    入学式の日に他の生徒から敬遠される中で、巧達だけが千世に手を差し伸べてくれたのでした。だから千世もその輪の中に入りたくて、サークルを作ると言う形で実現しようとしたのですね。しかし皆バイトがあるからと相手にしてもらえず、それで一緒にいられない原因を無くそうと考えてしまったという事です。
    それが間違いだと気付けなかったのが問題だった訳ですが、今回の件で巧達にとってのストレイキャッツという店が何物にも代えられない思い出の詰まった大事な場所だと気付けたので、これからは千世にとってもこの店が大切な場所へと変わっていく事でしょう。

    続いてもう1点、巧が夏帆に頭を下げる事になったのは、これは私ももう少しどうにかならなかったかなと思いました。まあ見方によっては、千世の気持ちに気付いてやれなかった事でうな垂れていたと受け取れなくもないですが、しかし千世を間違わせないようにと頼み込んでいる事には変わり無いですよね。この件は別に巧が責任を感じる事では無いし、出来れば千世自身が非を認めて反省する方が良かったような気がしますが…
    しかし、巧のこの行為が影で見ていた千世の心を打ったのは確かな訳で、今後の千世の巧への心情の変化にも期待したいですね。


    この作品の特徴の一つに挙げられるのが、主要キャラが皆"善い人"だという事ですね。文乃や希はこれまでの回で見てきた通りで、家康や大吾郎も今回千世に「俺は何も見ていない」とハンカチを差し出す気遣いがあるし、千世に入れ知恵をした夏帆だって、本心から千世の為を思って行った訳です。
    皆が善人であるからこそ、時には人の為に行った事が性質の悪い仇になるのですが、そのように基本的には良い話でまとめようとするのが、この作品の長所でもあり欠点でもあるかなと思います。


    さて、今回の件で千世はストレイキャッツをサークルの第2部室とする事に決めました。サークル名も"迷い猫同好会"と決まり、今後はサークル活動も本格的に始まりそうです。
    そして次回予告になってさらっと「千世もここでバイトを始める」という事が言われてましたが、これをちゃんと本編内に入れるべきだったと思いますが… 千世もストレイキャッツの一員として迎え入れられた事を示すには、こちらの方が良かったのではないかと。サークル名の件は次回にも回せるでしょうし。

    あと他には、久しぶりに巧と手を繋いだ事で赤くなる文乃が良かったですね。でも「握力強くなった」などと要らん事を言ってしまうのが巧の残念な所かw
    文乃は水着は着ないだろう」と言われ、つい乗せられて自分も水着を着る事になってしまうのも良いですねw
    希は"荒ぶる鷹のポーズ"の初公開。今後もここぞという場面で使ってくるでしょうw
    そして今回のオチとして、ストレイキャッツに客が来なくなったのは水着コンテストに乙女姉さんを出させたかった商店街の男達の策略だったとw 代わりに美少女3人の水着姿で良いじゃないですかw


    ところで今回も妄想詩人の手記』のおパゲーヌスさんの記事で私のSkypeでの発言が取り上げられていましたが、そこで「原作2巻の内容が1話で終わり、1話でまとめたにしては随分ちゃんと要点は押さえてあって驚いた」と、確かに私はそう言ったのですけど、但しその内容自体はもう少し工夫が欲しかったですね。まあ2巻の内容は早めに終わらせてくれて良かったのですけれども。
    「ライトノベルの2巻は大抵微妙」というジンクスは中々破るのは難しいようで…
    そういう訳で2巻の内容が終わり、次回はオリジナル回になるかも知れませんが、前回程ぶっ飛んだものでさえなければ良いと思います。コメディとシリアスのバランスが重要ですよね。


    重要なお知らせ
    当ブログ『無常の流れ』は、近日中にfc2ブログへ引越しを予定しております。
    新ブログのurl:
    http://mjoungr2ochmsha.blog115.fc2.com/


    良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

    迷い猫オーバーラン! 4話 『迷い猫、脱いだ』 

    迷い猫第4話… すみませんが私には許容範囲を超えていましたorz
    取りあえず、原作にはこんな滅茶苦茶な話はありません、とだけ言っておきたいです。

    今回は他のブロガーの方々の反応がかなり気になったので、先にTB送信等でいつもお世話になっている主なブログの記事を一通り読ませて頂きました。
    すると肯定的な意見の方も結構多いんですね… ギャグを楽しめたという方も多いようですが、映像や音響面で絶賛されていた方もいらっしゃいました。私には今回の卓球のラリーを単調に延々とやっていたシーンの意味が理解出来なかったのですが、その場面でも人によっては良かったと言う方もいるようで…

    結局今回は、"アニメのどの部分を特に重視して見ているのか"によって評価が大きく分かれる話だったのではないでしょうか。
    映像の技法や音響面に注目してみるとかなり良い出来だったように見えるかも知れないし、突き抜けたギャグを楽しんだり、かなり過剰気味だったお色気成分をサービス回だと喜ぶ方もいらっしゃるでしょう。
    一方で、話の内容やストーリーの方向性を重視していたり、原作既読で原作の雰囲気を大事にして欲しいという見方からすると今回はとてもまともに見られたものではないなと感じてしまうんですね。
    私は原作既読なので、今回は原作の雰囲気からあまりにかけ離れてやりたい放題やり過ぎだろうと思ってしまいます。幾らアニメと原作は別だとは言っても限度があるだろうと…

    まあポジティブに考えるなら、作品としての大きなインパクトを残したという意味ではある意味良かったのかなと思います。それが高評価に繋がるかどうかは別ですけれども。


    こんな回でも一応抑えておくべき所は抑えておきます。
    まずは大富豪の令嬢である、竹馬園夏帆が初登場。同じお嬢様の千世とは違ってお淑やかで言葉遣いも丁寧なキャラですね。初回から裸を惜し気もなく披露してしまいましたが決しておっとり系の天然キャラという訳では無く、むしろ最後に大勢のSPを引き連れていた時の表情こそが彼女の本性と言って良いでしょう。今後どのように絡んでくるのか注目ですね。

    ギャグ面では大吾郎のキャラは立ったのではないかと。ラブコメ作品における脇役の男はキャラ立ち出来るかどうかが重要ですからね。後はシリアス展開になった時に格好良い役が貰えるかどうかにかかっているでしょう。まさかのBL的展開に巻き込まれた家康にとっては災難ですけれどもw 一方巧は夏帆とのラッキースケベ的展開に遭遇しているという訳で、これが主人公と脇役の扱いの差ですかねw

    文乃は胸揉まれたり千世と卓球で張り合っていた位で、これと言って特に目立っていた訳ではありませんでしたね… 希はあまり積極的に胸を揉んだりするようなキャラでは無い気がしますが。もう少しクールっぽいような…


    この作品は回ごとに監督が違うと言う事で、その違いがやっぱり大きく出てしまったなという印象でした。前回が良い話で終わったのに、落差が激し過ぎますよね…

    今後は千世が作ろうとしているサークル活動が中心になって話が進むと考えられますが、どのような話になるのかは見てみないと分からないですね。原作準拠でやるのかオリジナルなのか、監督によってどう変わるのか?


    今回妄想詩人の手記』のおパゲーヌスさんの記事で私の意見と当ブログが紹介されていましたので、こちらからもリンクをお返しします。おパゲさんは今回大絶賛されておりましたね…


    良ければ押して頂けるとありがたいですm(_ _)m
    にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ
    検索フォーム
    FC2カウンター
    カレンダー
    07 | 2020/08 | 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    アニメ・コミック
    1176位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    アニメ
    538位
    アクセスランキングを見る>>
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR